人を愛することができない

これは結構なテーマだったりするものだ

映画も音楽も愛を題材にするし
みんなそれなりに恋愛したいと思ってる

だが実際その局面に立つと
どうやって人を愛せばいいのかわからない

夫婦でもそうだね

相手のことを真剣に思ってるけど
それを愛というのはなんか違う

プレゼントしたりされたり
希望を叶えたり
叶えてもらったり

互いに喜ぶのだけども
どうも嘘くさくなる

そんな儀式的なよそよそしさが
愛ってものなのか?

なんだか違う気がするね

それとも悲劇的な結末を想像する?
相手が病気になったり
いなくなってしまったり

なら相手を大事に思えてくる?

いやいや、
そんな悲しみでしかない愛なんて
苦行でしかない

もっと喜びにあふれて
愛すべき人を
愛で包むことができないだろうか

心に引っかかるこの変な違和感を
落とすことはできないだろうか

じゃなければ一緒にいても
ずっと寂しい気持ちのままだ

 

2.人を愛するということ

さていいかな

「愛し方がわからない」
というのは当然のことなのだよ

なぜなら愛したいひとを
「愛そうとすること」自体が
そもそもの間違いだからだ

これには別の理解が必要だから
視点を変えてみよう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. まちぞー より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. Ricchan3588 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. Ricchan3588 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

闇に浮かぶ小さな光
引き寄せの法則のからくり
0.5秒後の世界
奇跡が起こるとき
インスピレーションについて
「理解できない」というところに鍵がある
お金に困らなくなる話(2)
涅槃の紙 vol.8