「 唯我独尊 」 に関する一覧を表示中

他者を操る魔術

今回は他者を 「意のままに操る」という話を記すけども
 本稿の目的はこれを知ることで 
日頃自分こそが知らずのうちに 「操られている」ことに目を向け そこから抜 …

舞台役者

先日テレビを観ていたら ある舞台役者のインタビューをやっていた 「大勢の客の前で毎日別人のふりをする というのは大変じゃないですか?」 その役者はこう答えていた …

幸せとは何だろう

そもそも幸せになるってなんだろうか あなたはどのように考えているだろう? あれが手に入ったら幸せ? 物事がうまくいってくれたら幸せ? それらは求める気持ちが先に …

強さに必要なたったひとつのもの

何か物事に挑もうとするとき これまでの失敗から 足がすくんでしまう もう辛い思いはしたくない もう恥をかきたくない そんなわけで あなたはどうすれば強くなれるの …

楽園へのチケット

いま目の前に世界があるだろう 視界に広がる光景や 周囲を取り囲む音 指先の感触なんかがそうだ それらはあなたから見える世界だ だが自転車に乗っているとき あなた …

狂気を目覚めさせる

あなたのなかの「善きこと」とはなんだろう。 それがあなたの歩みを邪魔するものならば、それは社会的に植え付けられた品行でしかない。もしそれに逆らうものを狂気と呼ぶ …

彼らは笑う

ある村人がイエスのところにきて こう聞いた 「あなたは本当に自分が神の子だと 思っているのですか?」 イエスはなんと答えただろう? もし「そうだ」といえば 村人 …

自分の手でドアを開くことができる

人生が自由でないと感じるほど、自由がなんであるかを見失っていく。人間関係、お金に関すること、生まれ持った境遇、そういった檻の中で「外に出る鍵をどうやって手にする …

自信を回復させる方法

日本人はむやみやたらに「すみません」と口走る。それは礼儀であるからというのは、口走ったあとにその理由を見つけようとしているからであり、単に無意識の肯定でしかない …

太陽に照らされた世界

あなたが人を批判するときや 相手を説得しようとしているとき それは誰もいないところに向かって 必死に演説しているようなものだ なぜならその相手の「落ち度」は あ …