「 悟り 」 に関する一覧を表示中

死と再生のロンド

親しかった人が死んでしまったり またメディアで身近に感じていた人の 突然の訃報があったとき 私たちは悲しみと同時に 不思議な感覚に包まれる “どこ& …

透明なるもの

動物たちは生きてることが仕事なんだ だから彼らは必要以外のものを 手に入れようとしないし 必要以上のこともしない ゆえに無駄がない 無駄がないということは 彼ら …

ずっと目の前にあるのに見えていないもの

当たり前の光景があるだろう。朝がきて目を覚まして親しい人とやりとりをして。 だけどもそうして日常を「当たり前」に捉えてしまうと、大事なものを見過ごしてしまう。 …

人生は安全だったと気づいてみる

私たちは物事を解決しようとするとき そのことに深刻に頭を悩ませて エネルギーを注ぎ続けてしまう ところがそうして「考え込む自分」というのは その悩ましいゲームの …

己を苦しめる法則を無効化する

苦しくない人生を歩みたいなら たとえば人間関係や将来のことなど 本当はどうなのかわからないことに 必要以上に意識を向けないようにしよう 本当はどうなのかわからな …

隣の席の客が気になるとき

人間は五感のうち 視覚だけが特に発達してきたといわれる それは原始の時代に遡るけども 危険な猛獣の接近を 一刻も早く察知するためだった たとえば生い茂る樹木の向 …

聖なる絵

園児たちが 自分と手を繋いだパパとママの絵を描いたりする 青い空に太陽がさんさんと輝き 緑の大地に一軒の家がある 犬もいるかもしれない その幸福な絵は園児にとっ …

幸せの基本

歯が痛くてたまらないとき なんでもなかった毎日が いかに天国だったかを思い知るだろう はやくその至福に到達したいと願う ところが実際なんでもない日頃は ここが天 …

愛と死とそして

「愛」とは完全性のことにある あなたや私という区別がなく ひとつであること その「ひとつ」になるために 私たちは恋をしたり 楽しみや充実を求めたりする その観点 …

誰とも戦わずにいられる秘訣

奇跡的な出来事や まさかの幸運に 私たちは驚くことができる 大きなものに見守られてるような そんな喜びが込み上げてくるだろう このコンテンツを閲覧するにはログイ …