「 豊かさ 」 に関する一覧を表示中

満たされるために”不要”なもの

ある王国の王様が老体になって いつ崩御になっても大丈夫なように 継承者である王子はいろんな準備を整えていた 彼はやがて任命される重大な責務に いつも不安で眠れな …

満たされるとは破壊することにある

イライラしているときは 破壊したくなるだろう そうでなくても 日頃から抑圧された感情を抱いていて 何かを壊したいという欲求に 心が葛藤を繰り返しているかもしれな …

使っても使わなくても消えていく”お金”をどうするか

なにかを制作していたり 物事に集中している人の姿は なんだか「楽しそう」だろう みているこちらも良い気分になってくるね なぜ楽しそうにみえるのかといえば それは …

素敵なウィークエンド

私たちの人生というのは ときに八方塞がりになってしまったり 逆にあれよあれよと進展していったり まるで気まぐれな海風のように捉えられる だが人生の停滞と前進は別 …

幸福な毎日であるためのシンプルな基本

「幸福であるための基本」は 古代ギリシア哲学や仏教の系譜でも またネイティブアメリカンの教えでも つまり時代や文化を超えて 古今東西共通しているのだけども とて …

自らかける魔法に・・

近所でインド料理店を営むインド人店主と たまに一緒に買い物に行ったりするのだけども いつもの笑顔と相まって 彼の話すカタコトの日本語は とても優しく聞こえる 誰 …

守られた世界

何が起きても損したとか失ったとか そのように捉えないこと これまでの人生がそうだったように 出来事は単体で起こるのではなく 必ず他の何かにつながっているからだ …

幸せになれない理由

いつも話しているように 「幸せである」というのは 何かを求め得ることではなく このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. ご入会や入会の詳し …

未来からの手紙

日記をつけることの大切さは計り知れない。 もちろん人生の思い出として、そして自分自身の成長や変化を知るにもこれほどの記録はないだろう。だがなにより重要なことがあ …

みえないものがみえてくる

混迷した世界を生きていく上で 長らく人々の柱となっていたのは神や仏 すなわち「宗教」だった ところが17世紀以降の科学革命によって 今度は「科学」が人々の柱とな …

-->