「 苦悩 」 に関する一覧を表示中

潜在意識を活用して気軽に生きる

物事をスマートに進めていく方法について 私なりの方法を残しておくよ まずは私たちが物事について 思考作業をする意識空間である 「表層意識」の原理を押さえておこう …

体と心の関連について

嫌な出来事があると 腹に石が詰められたように重くなったり あちこちがズキズキしたりするだろう いまこうして文を読んでいるだけでも それが起きたかもしれない 文を …

何事にもシンプルであること

毎日たくさんの出来事があるだろう。そしてその多く己を追い詰めたり、悩ませたりというもの、つまり苦しめるものとして現れる。 ゆえに誰もがその苦しみをどうにかするた …

愛される映画

人間は当然ながら、人間の作り出した世界を生きている。それこそが人生最大の罠であり、またそのことこそが現実変容の最大のヒントとなる。 たとえばある映画があるとしよ …

何事にも動じない余裕

誰もが心に余裕を持ちたいという それは素晴らしいことだ 幸せは穏やかな日々の生活の中にこそ あるものだからね そういうわけでガラクタで山積みになった 心の建物を …

物事は気分ひとつで変わる

気分ひとつで物事の見え方が変わるだろう 経験があるはずだ ここに現実変容の鍵がある たとえば息ができないぐらい悩んでいたのに 何か良いことがあって気分が変わると …

嫌な予感が当たることと望みの世界を創り出すことは同じ仕組みにある

あなたが散々な1日を過ごしたとしよう たとえば通勤電車で知らない人に 文句を言われて 駅を出たらどしゃ降りの雨に濡れ 会社では上司に怒鳴られる 友人たちとのSN …

2つの影

以前暮らしていた古いアパートがある 駅と踏切のすぐ近くだ 部屋の窓のすぐ外には線路があって カンカンという警報音がいつも騒がしい 遮断機が常に降りているので 近 …

手のひらの広大な世界

あなたが誰か親しいひとの悩みの相談に乗っているとき、人がいかに囚われる生き物であるかを実感することができる。 たとえば恋に悩む友人の話を聞いていると、何度も同じ …

見えない拘束から抜け出す(中編)

前回まで「正しい目的によって手段が認められる」というものと、「正当な手段ゆえに目的が維持される」という2つのパターンをみてきた。 このコンテンツを閲覧するにはロ …