「 世界 」 に関する一覧を表示中

不幸な魚

良いことが降ってこないかなと 口を開けて待ってる魚がいる どうして待っているのかといえば 前に悪いことに巻き込まれていたとき ふと起きた良いことが あまりに素晴 …

意識の構造

自分を取り巻く現実について考えるより、その現実を捉えている意識を捉えなければならない。 よく話すことだけども、いま私が「呼吸」と書けば、あなたは途端に呼吸を感じ …

頑張らなくていいんだ

毎日頑張ってるあなた 明日の仕事や家事のために 今日も体を休めなければならないね だけども「休み」というのは そんなためにあるのではない そこを間違えてるから …

“信じるとき”救われる

少し前の手記のなかでも 話していることなんだけども たとえば神を信じないという人は 信じていないことを信じている だが人は 自分が何を信じているのかを知らないん …

夢と現実、そして幸福生活のあり方

欲しかったものが手に入ったり おいしいものを食べたり 喜ばしいことがあったり そんな瞬間あなたは 「まるで夢のようだ」と感じるだろう だが逆に 悩ませる問題が起 …

愛と虐待

知人の奥さんが夫の実家に帰省したとき そこのお義母さんの暮らしぶりをみて 仰天したと言っていた たとえばフライパンで野菜を炒めるとき 噴水のように油が舞い上がり …

幸せの扉

咲いている花や空を眺めても なんとも感じなかったりするとき それはあなたが 人工的な欲求に囚われているからにある あれが欲しいとか 自分はこうなりたいとか あの …

奇跡の世界

社会というのは他人と関わる世界だが それゆえに毎日いろんなことがあるね なかでも「悪いこと」のほうが よく起こるだろう 親しかった人が連絡をくれなくなったり 確 …

聖なる絵

園児たちが 自分と手を繋いだパパとママの絵を描いたりする 青い空に太陽がさんさんと輝き 緑の大地に一軒の家がある 犬もいるかもしれない その幸福な絵は園児にとっ …

シンクロニシティの秘密

毎日たくさんのメールを頂くのだけども、なかでもよくもらうのが「手記の内容とシンクロしました」というもので、たとえば会社や自宅で手記を読んでいたとき、その前後に自 …

-->