「 幻想 」 に関する一覧を表示中

前世の記憶

「なぞなぞ」 Aはこの世のすべてをみている ところがこの世のいかなるすべても そのAをみることができない さてこの「A」とはなんだろう? わかるかな このコンテ …

“三度目”に起こるもの

よく話すことだけども古事やことわざには 「大いなる力」に気づかせるものが たくさんあるわけで 科学的な理屈でもなく 論理的な保証にも頼らず 表面的な矛盾を超えて …

空に流れる雲

友人の孫が「カラスきらい」というので どうしたのかと尋ねてみると 家族で山歩きにいったとき カラスが集団でフクロウを襲っているのを みたということだった その子 …

寿命という幻想

飼っていたメダカが姿をみせなくなったと 近所の爺さんがいうので一緒にみてきた そのメダカのことは私もよく知っている 大きな睡蓮鉢に水草や大小の石をいれて 自然の …

自らかける魔法に・・

近所でインド料理店を営むインド人店主と たまに一緒に買い物に行ったりするのだけども いつもの笑顔と相まって 彼の話すカタコトの日本語は とても優しく聞こえる 誰 …

あなたは何歳でもない

時間の流れるなかで己は生きているという感覚が「当たり前」にあるゆえに、私たちはとても重要なことを逃している。 それは本当は“瞬間ごと”に …

“目の前”にあるこの世界

楽しそうに賑わう街を歩いてるとき そこに目を奪われるのではなく このように自らに語りかけてみることだ 「いつか私は”この世”から去ってい …

不完全な自分を楽しむ

傷つく言葉があるだろう しかし同じことを言われても 平気な人がいたりして 「どうして気にならないの?」となるね 逆にあなたは気にならないのに ズタズタになってる …

幸せになれない理由

いつも話しているように 「幸せである」というのは 何かを求め得ることではなく このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. ご入会や入会の詳し …

やらなくていいことに追われるのをやめる

どんどん時代は 「利己的な個人主義」の色が強まってきているが それがもっとも顕著に現れているのは 自分だけの豊かさの表現の獲得ではなく 自分だけが抱える苦悩が増 …

-->