「 時間を超える 」 に関する一覧を表示中

人は何に恐れているのか

私たちは働いていようが、考え事をしていようが、何かに楽しんでいようが、眠っていようが、決して「あるもの」から離れられないでいる。 今回はその「あるもの」について …

恐れる必要がない

いまそこに見えているものは 人であれ物であれ このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

流れる粒子のなかであなたは夢をみる

あなたは「外」からの刺激を 五感を通じて心のなかで それを認識として浮かべている 五感、すなわち 目・耳・鼻・舌・肌 それらが通り窓となって 刺激を認識しそれを …

あなたは何者なのか(5)

まとめにはいろう。 世間のなかで生きていながら、いかに独自世界を描くことができるか、そしてそのイマジネーションを世界全体に彩るには、どうすればよいのか。その仕組 …

あなたは何者なのか(3)

そもそもなんの話かということが

わすれられている

あなたは何者なのか(2)

前回まで世界は心の中に浮かんでいるものであること、そして「自己意識」とは人々や物を配置する空間であり、そしてその空間を活動的なものにする時間であると話した。 空 …

あなたは何者なのか(1)

いまそこに世界が広がっている。あなたの見たままにある。周囲の音も聴こえるまま、肌への感触もその通りのままだ。それは偽りではない。どんなに拒絶したい光景でも、それ …

二重の世界

私たちは二重の構造を生きている。ひとつは「永遠の円環」である。それは時間の進行もなく、生も死もない、増えることも失われることもない。ただ漠然と充実した自然と一体 …

偽りの主語を破壊する

今回は精神の仕組みについてのざっくりした解明と、それゆえに作られるあなたのその現実世界について、またその現実を変える方法について話を進めよう。 1. あなたに与 …

思考がみてる夢

長らく会っていない人をふと思い出す いまごろどうしてるのかな そう考えていると その人から連絡があったりするものだ 高速道路の運転中に思い出して 途中のたまたま …