「 タオ 」 に関する一覧を表示中

楽園へのチケット

いま目の前に世界があるだろう 視界に広がる光景や 周囲を取り囲む音 指先の感触なんかがそうだ それらはあなたから見える世界だ だが自転車に乗っているとき あなた …

狂気を目覚めさせる

あなたのなかの「善きこと」とはなんだろう。 それがあなたの歩みを邪魔するものならば、それは社会的に植え付けられた品行でしかない。もしそれに逆らうものを狂気と呼ぶ …

愛を知るときすべてが叶い始める

あなたが周囲を見ることができるということは、その周囲もあなたを見ているということだ。人間や動物の視線の話じゃない。木々も空も建物も、窓枠も食卓の表面の感じもどん …

人生を幸福にしていく日々の一歩

子どもの頃に「ながら行為」をしてはならないと怒られたことがあるだろう。たとえばテレビを見ながらご飯を食べたりなんかがそうだね。なぜダメなのかといえば、お行儀が悪 …

自由はその服のなかにある

なんでもそうだが、怖がっていると楽しむことはできない。仕事も暮らしも重苦しいものとなる。誰かといてぎこちない気持ちであるなら、それはあなたが人間を怖がっているか …

自己を破壊して自在なる力を手にいれる

人間は本来発揮できる力、すなわち自由なエネルギーを心で抑え込んでいる。その抑制は無意識的なものゆえに、自らで制限させていることに気づいていない。人生が恐れと不安 …

汝の隣人を愛せよ

お風呂に入りながら また誰かについて苦悩している あなたはその誰かに 問題を感じているわけだ 今度こそあのひとに誠意を見せてもらおう この胸の重さを解決してもら …

悩んでもなにも出てこない

誰もがその小さな頭を抱えて悩んでいる。だが経験以上のことを「考える」ことはできない。それを覚えておくことだ。 つまり考えるというのは、過去に知った何かを「参照す …

あなたのために集まってくる

どんなに良い道具があっても その道具に振り回されているようじゃ それはあなたにとって価値はない あなたを自由にさせるものこそ 最良の道具なのだ よく巡り合わせと …

楽しい毎日がやってくる人

恋にお金に仕事に遊びに いつも楽しそうで いつもやりたいことに向き合ってる ある日は図書館で本を山積みにして 調べ物をしているのを見かけたし また別の日は聞いた …