「 存在 」 に関する一覧を表示中

彼女が微笑んだとき

マリーアントワネットといえば 民衆の貧困をそっちのけで 贅沢三昧で浪費家な王妃として語られるが そんな立場の彼女だからこそ 深い名言を残していていたりする この …

自分を変えるには見えない枠組みを知ること

日常の「あるある話」というのがあるね 遠く離れた知らない人の話に 思わず「あるある」と頷くというやつだ 海外のハプニング映像をみて 笑ったりするのもそう しかし …

幻を超えてつながり合うとき

この現実が「幻」であると気づくための 手がかりは様々あるけども 好きな人や好きな物についてもそうだ 好きな人を浮かべてみよう 恋人のことや気になってる人 どうし …

みえない糸をたぐり寄せるとき

誰かのことが ふと頭を過ることがあるだろう そのとき その人はあなたのことを考えている 実際シンクロニシティの事例で よくあるように ある人のことを考えていると …

不幸を自分から作らない生き方

自分を認めてもらうことに 躍起になる人は多いが それは諸刃の剣なんだ その剣を一振りするとき 己自身が二重の傷を負うことになる これを理解するならば 自ら不幸を …

野に咲く花のように

猛獣が暮らす原生の森で 小さな飼い犬は生きていけないように それぞれが適応する世界がある 適応する世界だからこそ 伸び伸びと生きられる このコンテンツを閲覧する …

ナルキッソスとエコー

追い詰められて苦しみ続けていた頃 子猫が私の前に現れた 前にもどこかで話したことがあるね 飼えるような余裕などなかったが ずっと家の裏で泣き続けていて 親猫が迎 …

己の信じかた

過去は当然よく知っているが 未来のことは不安で仕方がない だから自分自身など とても信じられないわけだ もちろん信じてみたいが 一寸先の闇に踏み出すことを どう …

世界は軽かった

ある逆説があってね 誰もが快適に人生を過ごしたいと 考えている そのために自分以外の人間を 従わせようとする そうありたいから ある人は金持ちになったり ある人 …

祝福された毎日に包まれる

旦那さんや奥さん または恋人や家族に対して いつも喧嘩ばかりだとか どうして一緒にいるんだろうとか そんなことを感じてないかな でもいいかい このコンテンツを閲 …