「 存在 」 に関する一覧を表示中

誰かの死と私の死

たしかにそこに人がいた 生活をしていた 仕事をしていた 電話をかけたり ひとりで調べ物をしていた だが忽然と姿を消した   いつか私も消える たしかに …

幸せとの出会い

「私はこの映画監督が好きだ」 「あの役者の演技が好きだ」 「誰がなんと言おうと 私はこの作家を愛している」 そのように特定の誰かを 好きだと語るときがあるだろう …

あなたは幸せに包まれている

最近はスマホのおかげで 誰もがたくさん写真を撮って 持ち歩けるようになったね 昔は重たいカメラをぶら下げて しかもどのように撮れたかは その場ではわからず 写真 …

シンクロニシティ記録をつける

これは私が長年続けていることだが 人生の不安や迷いが払拭されるので お勧めしておくよ やり方は簡単で このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイ …

本当にしてくれていること

その人に何を言われたか 日々起こる出来事が 自分に何を突きつけてきたか あなたはそうしたことから この世がどういうものであるかを決める つまり人生が幸福か不幸で …

人を愛することについて

人を愛するというのは その人のために尽くし続けたり 自分を犠牲にして その人を立てることではない それだけだと個人の自分として 相手に関わっているから どんどん …

死への恐れを気づきに変える

死ぬのが怖いという人がたくさんいる どうして怖いのかと聞いてみれば 肉体的な苦しみもそうだけども 痛みを耐え忍んだあげくに 孤独のまま消え去っていくことが 怖い …

人生のつくりかた

現実で起こる物事や出会いはすべて 目の前の誰かの発言や 偶然みたテレビのニュースまで 必ずあなたに意味のあるものとして それは現れている あなたに無関係なものは …

水が水に消えゆくように

誰もが自分のことを 他の誰かに知ってもらおうとする 家庭でも近所付き合いでも どこでもみんなそうだ 会話を例にとってみれば “自分の話が相手に伝わる …

他人への恐れの正体

恐れてしまう相手がいるだろう。 「あの人と会うの嫌だな、またふっかけられたり、相手のペースに支配されるんだろうな」という具合だね。取引や交渉する相手、または知人 …