「 創造 」 に関する一覧を表示中

新しい自分と新しい世界

あなたが遠い道だと思っていることは 実はすぐに到達することができる このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会 …

幸せ色の宇宙

起きた物事に人は振り回される 腹を立てたり 不安になったり焦ったり このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会 …

神の語りかけに気づく(後編)

前回までに話したように、この世界の光景は眼ではなく脳が作っている。世界は頭のなかに起きているわけだ。だから外の世界には色さえも実在しない。光の刺激を神経回路が反 …

物事に悩むのではなく結び直してみること

私たちは社会のなかで生きている。 仕事をしたり、家族や友人と語り合ったり、出かけたり、またお金を使って何かを買ったり生活したり、楽しめるものに熱中したり、異性と …

フィクションの世界(4)

さて前回の続きとなるけども、 ・働くからお金が生まれる ・お金を得るためには働かなくてはならない このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. …

無意味なことほど価値がある

スピリチュアルや宗教などに 携わっているなかで たとえばこの世界の「外側」には ・大きな愛がある ・神が守ってくれている そのように考えているかもしれないが そ …

素敵なひとが現れるとき

太陽の光も酸素も この体も 無条件に与えられている ずっと与えられていることに 気づくことだ ただしそれは 太陽の光でも酸素でも この体でもない それらは頭で考 …

豊かな人生を実現する

いつも話しているように 私たちは二重の世界を生きている ひとつは存在の次元 つまり高次といわれる領野 それは巨大な一本の流れであり 海が蒸発して雨や川になって …

この世が幻想であるということ

他者は幻で不幸も幻 この世はすべて幻想である スピリチュアルな話には どこでもそのように書いてある 世界的な宗教でも また古代から続く伝統社会でも 似たような話 …

唯識と脳と現実変更(4)

釈迦はたったひとつだけ真実があるといった。それは「すべては不変で実体がない」ということだ。つまり広大無辺な透明なシーツがゆらゆらと揺れているだけ。前回はそれを素 …