誰もあなたのことは見えていない

あなたに誰かが何かを頼む
それが繰り返されると
あなたにはある感情が沸き起こる

理不尽

なぜならば
あなたは無視されているからだ

頼み事
用事

その影にあなたは隠れてしまう
相手はあなたが見えていない
ただの「物」
あなたはそれに気付く

あなたは無視されているのだ
「あなた」という存在を見られていない

というよりも事実を書けば
誰もあなたのことなど見えていない
あなたもそうだ
あなたの見える他者とは
その関係性のみ
あなたの印象のみ

その人の何を知っているというのだろう?
だから「自分をわかって欲しい」なんて
愚問となる

これは修行だ
それでいい
そのままでいい
こういう時に気付きなさい

例えば携帯電話
あなたは「使う」
目的は何かね?
インターネットや通話、メール
あなたは「携帯電話」を見ていない

あなたが携帯電話、スマートフォン
それを扱うとき
その目的を使っているのだよ
それはつまり
その存在を見ていない

あなたのエゴは「もっと自分を見て」という
あなたは携帯電話を見ているのかい?

あなたに起こる出来事のすべては
あなたに気付かせるために起こっている
そこに注意を払いなさい
あなたは決して不幸ではない
あなたが気付いていないだけなのだよ

すべては流れるためにある
だからあなたのエゴは苦しむしかない
古来からの教えやスピリチュアルが
エゴを放棄させようとする理由はそういうことだ

すべては「流れが流れるためにある」のだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. たかたかし より:

    他人をちゃんと見れた時自分もちゃんと見てもらえるという事かね・・。
    正直思い当るけども改善できるかどうかはわからないね

    • -自分- 涅槃 より:

      たかたかしさん

      他人を正しく観るというのは
      自分を正しく観るということだよ

      他人から見てもらおうとしてはならない
      あなたが見るのだ

      簡単なことだよ

コメント・質疑応答

  関連記事