「 愛 」 に関する一覧を表示中

他者という地獄から抜け出す

たとえばあなたの意に反した返答が 会社の人や友人から戻ってきたとしよう あなたはそんなつもりで 言ったのではなかったわけで 相手は完全に取り違えていることになる …

“目の前”にあるこの世界

楽しそうに賑わう街を歩いてるとき そこに目を奪われるのではなく このように自らに語りかけてみることだ 「いつか私は”この世”から去ってい …

不完全な自分を楽しむ

傷つく言葉があるだろう しかし同じことを言われても 平気な人がいたりして 「どうして気にならないの?」となるね 逆にあなたは気にならないのに ズタズタになってる …

人生はとてもシンプル

良いことがあったら “肩の荷”がおりたみたいにとても身軽になって なんだってできそうな気がするだろう それはすべてを許せる気分になってい …

みえないものがみえてくる

混迷した世界を生きていく上で 長らく人々の柱となっていたのは神や仏 すなわち「宗教」だった ところが17世紀以降の科学革命によって 今度は「科学」が人々の柱とな …

人付き合いがうまくなるには

子どもの頃から人付き合いがうまくいかず 大人になっても同じままだと悩んでいないかな このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. ご入会や入会 …

愛と虐待

知人の奥さんが夫の実家に帰省したとき そこのお義母さんの暮らしぶりをみて 仰天したと言っていた たとえばフライパンで野菜を炒めるとき 噴水のように油が舞い上がり …

後ろの笑顔

かなり昔の話なんだけども ある雑誌をめくっていたら フォトグラファーの連載コーナーがあってね 1枚の写真に目が留まった 夏の空と見渡す限りの大草原 青空に溶け込 …

フリーマーケット

最近はネットのフリマが大盛況だね 近所の奥さんが 「売れたからヤマト運輸まで送って」と 私もたまに馬車のように街中を走っている 先日もまた 「そうそう、こないだ …

死と再生のロンド

親しかった人が死んでしまったり またメディアで身近に感じていた人の 突然の訃報があったとき 私たちは悲しみと同時に 不思議な感覚に包まれる “どこ& …

-->