「 愛 」 に関する一覧を表示中

善意

ずっと自分勝手で生きてた人が ある出来事をきっかけに生き方をかえて みんなに愛される人になった途端に 不慮の事故なんかで命を落とした そんな話を私はよく聞いたり …

この奇跡のなかで

たとえばお店や電話応対なんかで 「良い対応をしてもらえたなあ」と思えたとき あなたはその人が 余裕に満ち溢れてる印象を持ったはずだ つまりノルマをこなすためのコ …

嫌いな人さえも愛せるということ

人間の世界というのは 根本的に誰も悪くないんだと知っておけば 人生はかなり気軽なものになる という話なんだけども たしかに自分からみて 「あいつは悪だ」という相 …

大切なひと

何かを大切だと思えたりするのは どんなときだろう? たとえば自分の恋人や配偶者を 他の異性との比較においてようやく 大切に思えているようでは 話にならないわけで …

恋を実らせるには

職場や街で知り合って好きになった人に すでに恋人がいたり 結ばれるには程遠い関係だったり そんな叶わぬ恋があって しかしその人のことが ことあるごとに頭をよぎり …

なぜ自分は人に嫌われるのかを問うてみる

進学や就職なんかで 新しい出会いがあったりして みている世界が大きく変わったとき それまで仲良く遊んでいた友達や 一緒に暮らしてる家族のことが なんだか恥ずかし …

到達しないゴールに到達するとき

たとえば いまそれを手に入れなければ あとで困難になるだとか あのことを成し遂げなければ 人生は先に進まないとか 切羽詰まった様子でいる人というのは だいたいそ …

忌み嫌うもののなかに宝物がある

いつか死んでしまうからという理由だけで ペットや昆虫を飼ったりさせない 親御さんがいたりするのだけども たしかにそれは悲しいことであるし また人によれば死んでし …

愛する気持ち

昼間に星はみえないように 私たちはこの平凡な日常に 奇跡をみることができない だが真昼も星は満天なんだ だからいつもそばにいてくれる人や 当たり前に思えている日 …

大きな絵は少し後ろにさがってこそわかる

「人生は何のためにあるのか」という 普遍的な問いがあるけども そして同様の質問を度々もらうわけだが 答えはひとつしかないだろう 全文をお読みいただくにはご入会後 …

-->