「 愛 」 に関する一覧を表示中

思い出の管理人

幸せであるときほど 幸せを感じることができないという 不幸な癖がついていないかな 毎回しばらく後になってから 「ああ、あの頃は幸せだったな」と思う あなたはいつ …

幸せ色の宇宙

起きた物事に人は振り回される 腹を立てたり 不安になったり焦ったり このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会 …

安心感と直感力を備える

宇宙が巨大なひとつの命であることを 常に忘れず感じていることだ 新しく何かをはじめるにしても 逆に自分の身に何が起こるのかと 不安になっていても このコンテンツ …

あなたは守られている

脳は外部からの刺激がなくても常に活動している。刺激というのは覚醒時における視覚や聴覚に飛び込んでくる情報のことだ。 だが深い眠りにあるときでさえも、大脳皮質のほ …

母と手をつなぐ

確かにお金持ちはいるし モデル雑誌から飛び出したような 人たちも歩いてる だがそんな一部の人たちだけを見ていると 自分を客観視できなくなる つまり己を見失うとい …

ハッピーの基本は祈りと感謝の日々にある

大事なのは、指や眼が自分の体の一部であることを知っているように、私たちもまた、太陽系や地球という生命の一部分であること、血管を流れているのも雨や海の水と何の違い …

自然であること

人間関係が円滑にあるとき、たとえば上司とうまくいってるとか、異性にもてたりとか、それらはすべてあなたが自然であるときに成されるものである。 おべっかを使っても黙 …

フィクションの世界(4)

さて前回の続きとなるけども、 ・働くからお金が生まれる ・お金を得るためには働かなくてはならない このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. …

フィクションの世界(3)

さて前回まで、いまの時代がどのようであり、そして人生の虚しさや不安はこの社会に依存しているからなのであること、また人は無意識のうちに心を支配されて誘導され続けて …

フィクションの世界(1)

ほんの100年前まで人は「現実」の世界を生きていた。すべてはあるがままに存在しているだけ、貧しい暮らしのなかで、おとぎ話を夢見るだけでしかなかった。 時折起こる …