「 愛 」 に関する一覧を表示中

思い出マークをつける

すごい勢いで日々は過ぎていくだろう 人生を振り返ってみれば 良き日として思い出に残っているのは 実は楽しいことばかりじゃなく 辛かったときも含まれていたりする …

最良の人生のしくみ

最良の人生を実現したいなら 実際に最良の気分だったときを よく思い出してみることだ このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお …

真っ白な病室

人間世界での苦悩を乗り越えるにあたって、まず人間というのは「ひとつの総体」であることを頭に入れておく必要がある。 「私は孤独だ」といったところで、食べ物や衣類を …

永遠の命をつかむ

人生が一冊の書物だとしよう 生まれてから死ぬまで 一冊の本だった これはよく表現されることだね 街を歩けば何百もの人とすれ違うが つまり何百もの本が記されている …

偽りの人生から脱する

自然に囲まれた地方都市で生まれ育って 最近になって都会で暮らし始めた知人が 何人かいるのだけども みんなの感想は似たもので まず何でも揃っていて圧倒されること …

おおきな光

ある”寂しがり屋”の人が言った 私は街の人たちみんなと なにも違わず生きてきた いつも挨拶をしてくれた 近所の人たちや園児たち テレビで …

コペルニクスとボーディダルマ

夕日が沈んでいくのを あなたは眺めている 太陽が毎朝昇って姿を現せては 去っていくことを知っている 「やあこんにちは」 「さようなら、またね」 そうして太陽に語 …

ここはどこであるのか

私はもっと世界に感謝したいのに 全然そんな気になれない あの欲しいものをまだ持っていないし 顔を合わすあの人は いつも何かが足りてない そうやって 「そこにない …

ハッピーエンドに包まれる

楽しかった思い出やハッピーエンドで終わる物語が素晴らしいのは、それまで現れていた姿や形が、その余韻だけを残して消え去るからだ。 水が水に消え去るように、幸せは幸 …

あなたは幸せに包まれている

最近はスマホのおかげで 誰もがたくさん写真を撮って 持ち歩けるようになったね 昔は重たいカメラをぶら下げて しかもどのように撮れたかは その場ではわからず 写真 …