「 心 」 に関する一覧を表示中

感動に満ちた毎日を送る

毎晩ベッドで眠りに入るまえに 今日は何人の声を聞いただろうかと 思い出してみる 家族や知人たち 街の人々 記憶へ意識を照らしてみれば たくさんの声を聞いていたこ …

自分の世界を作っていくということ

あなたは何かひとつ うまくやれることがあるだろうか 他人の評価からではなく 自分なりに「うまくやれてる」と 思えるものならなんでもいい たとえば洋服タンスの整理 …

体と心の関連について

嫌な出来事があると 腹に石が詰められたように重くなったり あちこちがズキズキしたりするだろう いまこうして文を読んでいるだけでも それが起きたかもしれない 文を …

何事にも動じない余裕

誰もが心に余裕を持ちたいという それは素晴らしいことだ 幸せは穏やかな日々の生活の中にこそ あるものだからね そういうわけでガラクタで山積みになった 心の建物を …

物事は気分ひとつで変わる

気分ひとつで物事の見え方が変わるだろう 経験があるはずだ ここに現実変容の鍵がある たとえば息ができないぐらい悩んでいたのに 何か良いことがあって気分が変わると …

嫌な予感が当たることと望みの世界を創り出すことは同じ仕組みにある

あなたが散々な1日を過ごしたとしよう たとえば通勤電車で知らない人に 文句を言われて 駅を出たらどしゃ降りの雨に濡れ 会社では上司に怒鳴られる 友人たちとのSN …

2つの影

以前暮らしていた古いアパートがある 駅と踏切のすぐ近くだ 部屋の窓のすぐ外には線路があって カンカンという警報音がいつも騒がしい 遮断機が常に降りているので 近 …

無限が形を生み出すとき

たとえば「いま勤めている会社をやめることができたら、やりたいことがやれるのに」と誰もが考える。やりたいことができないのは、拘束や生活のしがらみのせいであるという …

大いなる力に助けてもらうには

どうにもできない心の状態に陥ったとき、周囲の人たちに「自分の心配をかけさせたい」と思うか、それとも逆に「心配をかけさせたくない」と思うか、その選択はあなたの今後 …

好きな異性のタイプ

好きな異性のタイプというのがあるね 「みんなそれぞれ生きてるのだから 好きなタイプはそれぞれ違うはずだ」 あなたはそう考えている だが本当にそうだろうか? 「だ …