「 神秘 」 に関する一覧を表示中

人と神

「自分は神だ、と思い上がった果てに酷い目に遭った」という神話や伝説が古来より語れてきた。 よくあるのは民を統治する王が思い上がるパターンで、その罰当たりな罪のせ …

空を見上げるとき

日々に追われて 心が混沌としてるとき 空を見上げると 境界がないことに気づく わかるかい 街だけじゃなく なにをするにしても 人間は区画化された世界をいきてるが …

宝物はいつも目の前にある

あなたは人生のなかで いろんな人をみる 素晴らしいなあと お手本となるような人や あんなのになったらおしまいだなと 悪い見本になってくれる人 身近な人がそうだっ …

移りゆく季節のように

他人に悪意を持ったり まして人に悪事なんかを働くとき それは己自身に 悪事を働いてるのと同じであるから 注意しなければならない 誰かを下落させようとするとき そ …

神の仕事

正義のために戦う とてもよいことのように聞こえるね それは正しいことであり なにも間違っていない だからこそあなたには 許せない相手がいるわけで もちろん彼らが …

ここにも神がいた

死を目前にしたとき 自転車のペダルの感触さえ 大切なことだったと気づくんだ 死ぬと”すべて”が消える しかしすべてが消えるとは どういう …

光の門

ときに腹を括らねばならないときがくる 覚悟をきめて 報いを受けなければならないときがある 全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を …

真反対の方向に同時に進むとき人生は完全となる

誰もがそれなりに 人生の目標みたいなのを 持ってたりする 大げさなものじゃなくても 「こうなりたいなあ」みたいなのもそうだが たしかに人生は それなりに目的を敷 …

夢みるあなた

あまり寝つけず なんども浅い眠りを繰り返して そのたびに違う夢をみていた そんな経験があるかもしれない もちろん夢のなかの自分は ひとつ前にみていた夢のことなど …

理解を超えたものが目を開かせてくれる

銀河の壮大な映像をみて 自分の苦悩のちっぽけさに気づいてみたり 先立った友人の墓に手を合わせて いつか自分も死ぬのだから 毎日を大切に使っていこうと思えたり つ …

-->