「 神 」 に関する一覧を表示中

プラーナ

スピリチュアルや宗教といった 書物を読んでみると この現実を超えたものについて示されている 本書もそうだね 大半の人はわかったような わからないような様子である …

言霊

誰かに言葉をかけてもらったり また歌詞や映画のセリフなどでも 元気になれたり 前向きになれたりした経験があるだろう 逆に言葉ひとつで 心に傷を負ったこともあるは …

神と和解する

主は言われた 「あなたが見つけたものを食べなさい」 (エゼキエル書3章1節) 人生で最も難しく なのに最も簡単なことがある そしてそれによって 人生は大きな展開 …

精霊たちと共に在ること

料理をするには火や水 包丁などの切断や加工するための刃物 そういったものが不可欠となる もちろん食材となるものがあってこそだ それと同様に 眠っているときみる「 …

愛からのメッセージ

魂は自由であるのだけども その意味を人々は理解できていない 「不自由な世界」のなかで 自由を目指すということしか考えつかない だから不公平や理不尽につきまとわれ …

天からの贈り物

望んでいたことが叶ったり 新しい髪型が似合っていたり 知らない人に親切にされたり よいことがあって気分が舞い踊る その軽やかな気持ちをどうしようかと あなたはい …

人生はとてもシンプルにできている

人生の意味とはなんだろうか 誰もがその謎に向き合っている 会社で嫌なことがあったとき 恋人がほしくて孤独を感じているとき 大事なものやお金を失ったとき そうして …

意識の旅

あなたが一切の不幸から脱して本来あるべき充足した生に満たされるために、理解しておくべき大事なポイントがある。それはこの世界のなかで「孤独な私が存在している」とい …

ヨミガエリ

キリスト教には「父、子、聖霊」という三位一体(トリニティ)の教理があり、ヒンドゥー教には「創造(ブラフマー)、繁栄(ヴィシュヌ)、破壊(シヴァ)」とした三神一体 …

世界は一冊の書物である(後編)

私たちは自分で何かを考えているのではない。また自分なんてものも実在しない。ただ言葉が「言葉同士」で戯れ合っているだけ、ここには言葉の総体という一者だけがある。繰 …