「 宇宙 」 に関する一覧を表示中

大きな輪のなかへ

定年退職した知人の多くは はじめのうちこそ拘束から開放された贅沢を 怠惰やお酒で満たしているけども やがては規則正しい生活を自らで律しはじめる 早寝早起きをして …

大きな力に守られたい

仏前や神棚に手を合わせて どうか私を守ってくださいと願うとき その祈りは先祖や他の何者かに 寄りすがるためにあるのではない それだとあなたは守られない 全文をお …

冬から春へ

ただ待つことしかできないときがある だけどもこの場合の「待つ」というのは 何かに取り組んで 前に進もうとしているときと 同じ意識でなければならない つまりその取 …

目的地があるからこそあなたは満ちる

物欲、食欲、性欲、etc.. たとえば抑えきれないほどに 解消したい欲求があって その解消で満たされるならば 何を投げ打ってもいいとか 抱えているあの恐ろしい問 …

惜しむほど損をする

何かに向けて活動することや 前向きな思考やプラスの感情など そうして自発的に向き合っていくためのエネルギーは スマホの充電みたいなもので 朝起きたとき最大に蓄え …

寄り添ってくれるもの

たとえば病気をして寝込んでいるとき 「飼い猫がずっと寄り添ってくれてた」 なんて話が昔からよく伝えられる だが気づいていないだけで 実はその日の天気や気温、街の …

川は同じひとつにたどりつく

急いでも遠回りしても 同じところにたどり着く 「だから川と同じなんだよ」と 古今東西さまざまに語られてきた そうした格言なんかの説明では 最後は海へとつながるか …

善意

ずっと自分勝手で生きてた人が ある出来事をきっかけに生き方をかえて みんなに愛される人になった途端に 不慮の事故なんかで命を落とした そんな話を私はよく聞いたり …

迷いが消えて安心した日々を送るには

ダンス講師がなにかで話していたが そもそもリズム感というのは 体を貫くように自然に湧き起きてくるものであって 感じることや それとひとつになることは 本当は誰で …

人間であるということ

どうして春になれば 芽が出て豊穣がはじまるのか 私たちは当然のように それは春だからとか 地球の自転軸が傾いているから 季節があるんだとか 学校で教えてもらった …

-->