「 幸福 」 に関する一覧を表示中

幸せな冒険

心というのは 満ちていないほど騒がしくなる お風呂をためるときに まだ水が少ないと ジャバジャバと大きな音をたてるのと同じ だけどもお湯がたまって 満ちてくると …

光に包まれた世界

誰とも関わっていないとき あなたは生きることへの確信をみつける 「私はこうありたい」 「なぜってそれが一番私らしいから」 それはとても素敵なもので 誰の目を気に …

鶴の恩返し

人に親切にすると、必ずそのお返しを受け取ることになる。 しかしあなたは言うだろう。「そう思っていつも親切にしているのに、あの人は全然返してくれない」 そうじゃな …

失敗から本当に学ぶべきもの

あなたの周辺に 「いつも幸せそうだなあ」と 思える人がいるかもしれない その人もあなたと同じように 毎日いろんなことがあるが それで暗く塞ぎ込んだりはしない だ …

続けることの大切さ

何事も続けることが大事といわれるね この教えは 先の不安な人生に怯えるあなたを 究極的な安らぎで包み込んでくれる だがこれは同時に 「続けられなくても大丈夫」と …

苦しみのない生きかた

古くから伝えられる格言に 「物を持ちすぎてはならない」があるね これは単純な話であって 持っているものを失うよりも そもそも持っていない方が 苦しみが少ないから …

月明かりの下で

月を追いかけても どこまでも逃げていく 幸せはそれとよく似ている だから人間が古来より残してきた 代表的な言葉のひとつにはこうある 「なにかをつかんでも砂のよう …

愛は奇跡を起こしてくれる

パートナーや家族や仕事の仲間にしろ 私はこれだけ愛しているのに 相手は自分のことばかり 相手が気づいてさえくれれば どんな困難も乗り越えられるはずなのに そんな …

八分目の心で満足してみるとき人生が変わる

腹は八分目がよいと言われるように 心も八分目であることが幸福の秘訣にある 「心も八分目? じゃあ完全に満たされてはだめだということ?」 となるだろうけどもそうじ …

花びらは散っても花は散らない

タイトルは仏教思想家だった 金子大栄の法語のひとつだけども 彼は仏教にとどまらず 幅広い分野への理解と そして深い自己探究において ひとつの境地を開いた さて …

-->