すべてはあなたではないから、すべてがあなたなのだ

よく「思考はあなたではない」と言われる
これはどういうことか

例えば遠くの方で鳥が飛んでいる
鳥は空を舞いそのままどこかへ去っていく

つまり視界には確かにいたが
いまはいない
あなたは「鳥」を観察していた者だ
つまり鳥ではない
なぜなら、そこに鳥はいないからだ
だが観察している者は
鳥が去ってもまだいる
鳥がいるときも
鳥が来るまえも
ずっとそこにいた

鳥を思考に置き換えなさい
思考はやってきては消えていく
あなたはそれを観察しているものだ

さてここから少しややこしくなる

では観察している者とは誰か
それは人間のあなたではない
人間のあなたとは
思考のことだ
あなたが見聞きしたりすること、
まあ言うなれば
このブログを見てそれを考え
そして「これまでの自分と決別しよう」と
意気込んでいるも、すべて思考である

だから超越した視点、
つまりすべてを抽象化した捉え方が必要となる
もちろん「捉え方」としている時点で思考だが
ここでは文章上、そう書かざるを得ない
すべては思考である
つまりすべてはあなたではない

「すべてはあなたではない」
これだ

すべてはあなたではない
だからすべてがあなたなのだ
この理解ができるだろうか

この世界のすべて、色も音も時間も
そして人間というあなた自身も
まったくあなたに関係のないものとすれば
じゃあ「あなた」はどこにいる?

イメージしてみなさい
全部まったくあなたに関係のないものの中で
あなたはどこにいるというのだ?

あなたはどこにもいない

じゃあその世界はなんだ?
どうやって認識しているのか
それは人間のあなた、
つまり思考が認識している
だけども思考は生まれ消えていく
いま、脳裏にある思考が消えたとき
そこになにがあるのか
思考があなたならば
思考が消えたときにはあなたは消滅する
呼吸!と書けば
あなたはいま呼吸をしていたことを思い出す
ずっと呼吸していたのだ
だけどもあなたは知らないでいた

あなたが知らないこと
それは思考の外だ
認識の外側

いま忘れていること
それも思考の外だ

では思考の外、それはいったい何だろう?

これだよ
こういう理解が超越への扉を開く
だが”理解する”には体験が必要となる
体験といっても
「ああ、この感じなんだ」程度のものだ
言葉にはできない
だけども思考の外側を垣間見るだろう

もう一度書いておく

鳥が空を飛んでいる
そして去っていく

この「違和感」を掴み取りなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. no name より:

    鳥が飛んでいく、そして去っていく。それを見ている思考(私)。思考(私)は流れて消えていく。
    わたしはどこにもいない。
    見えている感覚のこの景色。ただある『これ』が写し出しているものとすれば、見たもの全てが、、自分。
    すべては自分ではない。だからすべては、、自分。
    さっき飛んでいった鳥も、テーブルも椅子も自分。
    『これ』はなんだろう?

    今までの全く逆?見えている全てが、、認識できるもの全てが自分。空気も水も冷蔵庫も、、。

    昨日私が私でなくなった瞬間に、鏡を見るのも怖くなりました。今朝、起きて、、なんてことだと思いました。
    今までとんだ思い違いをしていました。
    言葉にできませんが、一番近い言葉で
    すべて、すべて、全てが奇跡としかいいようがなく
    涙すらでません。

    なんだこれは?としか言えないのです。

    • -自分- 涅槃 より:

      no nameさん

      それはマインドの解釈を超えるものだ
      ダイヤモンドが自らの輝きを知ることができないように
      ナスカの地上絵がその場所から判別できないように

      マインドのがいるそこが、
      思考が起きているそこが、
      あなたの体験というそこが、

      「何か」を知ることはできない

      〇〇と定義付けられたら
      それは「何か」ではないからだ

      それが無や空と呼ばれるもの

      すべてはそこから想起されている
      つまり現実とはイメージに過ぎないのだ

      ゆえにあなたは自分自身を
      そこに存在させることができる
      幸や不幸を作り出すこともできる

      だがその根源は
      「何もないところ」なのだよ

      最初はそこに恐怖を感じるだろう
      ゆっくり感じていきなさい

      私たちは最初から存在していなかったのだと
      すべての笑顔は
      心のものだったのだと

      その真理が理解できたとき
      あなたは愛という姿形のない実存に
      溶け去るだろう

  2. no name より:

    自分さん、ありがとうございます。
    何度も読み返しています。

    • -自分- 涅槃 より:

      no nameさん

      理解が深まっていく限り
      得るものは無限のものとなる

      それは何に於いてもそうだよ

      本や社会だけでなく
      普段顔を合わせている人達もそう

      あなたの理解ひとつで
      すべての人は無限の姿をみせる

コメント・質疑応答

  関連記事