「 ネガティブ 」 に関する一覧を表示中

AIと自我と温もりと

AIとの葛藤を描いた映画は多いね ターミネーターとかが有名だ 人工知能(AI)と 人間たち(レジスタンス)との戦い 人類が生み出したマインドとの 戦いというわけ …

体と心の関連について

嫌な出来事があると 腹に石が詰められたように重くなったり あちこちがズキズキしたりするだろう いまこうして文を読んでいるだけでも それが起きたかもしれない 文を …

悪い出来事を引き寄せない

ネガティブな気分を掴み続ける限り 起こる出来事すべてが その関連として受け取られてしまう 「ほら嫌な予感が当たった」とね だがもしあなたが そのような気分でなけ …

コンプレックスを克服するということ

映像に映る自分の姿や 録音した自分の声をきいて げんなりした経験があるだろう よく解釈されるのは 左右逆の鏡像に見慣れており そのバイアスにかかっているから 他 …

物事は気分ひとつで変わる

気分ひとつで物事の見え方が変わるだろう 経験があるはずだ ここに現実変容の鍵がある たとえば息ができないぐらい悩んでいたのに 何か良いことがあって気分が変わると …

嫌な予感が当たることと望みの世界を創り出すことは同じ仕組みにある

あなたが散々な1日を過ごしたとしよう たとえば通勤電車で知らない人に 文句を言われて 駅を出たらどしゃ降りの雨に濡れ 会社では上司に怒鳴られる 友人たちとのSN …

手のひらの広大な世界

あなたが誰か親しいひとの悩みの相談に乗っているとき、人がいかに囚われる生き物であるかを実感することができる。 たとえば恋に悩む友人の話を聞いていると、何度も同じ …

貧しさと優しさ

誰かの優しさに触れたとき どうして優しいと感じられたかを よく思い出してみよう 他人が優しいと感じるのは その人が本当は自分の自我があるのに それを露わにしてい …

見えない拘束から抜け出す(後編)

結論に進んでいこう。今回の連載は最初にも話したように、ひとつまえの手記(握り合った手のなかに永遠をみる)とセットで読んでいくとよい。社会ゲーム上で流され続ける「 …

見えない拘束から抜け出す(中編)

前回まで「正しい目的によって手段が認められる」というものと、「正当な手段ゆえに目的が維持される」という2つのパターンをみてきた。 このコンテンツを閲覧するにはロ …