「 観照 」 に関する一覧を表示中

神のみている夢

故人の遺影を前にすると 結局、”私たち”というのは 個々に実在しているのではなく ここには行き来する”思い”だけ …

不思議な本

すべてが書かれているという本がある そこには太古から現代にいたるまで 私たち人類が知ってきた膨大なすべてが 書かれてあるとされる ただしひとつ奇妙なのは &#8 …

本当の幸せは少しずつみえてくる

日常のよくある”不幸”といえば たとえば部署の上司や 通院先の主治医なんかが異動になって 今後は評判の悪い担当に変わるなんて報せを 受け …

手をつないで歩いていく

ずっと欲しかったものが手に入ったり 願っていたしていた何かが実現したとき もちろん達成感に包まれるけども ところが意外なことに その達成感と同時に 少々うんざり …

ある晴れた日

曇り空が続いていて ふと晴れた日に巡り合うと ああ、そうだった こんなに開放的な感覚だったんだと 忘れていたなにかを思い出す もちろん曇りの日々に 晴れた日を想 …

ブッダがいた

心臓が鼓動を打ってる ああ、ここにブッダがいる 爪がもう伸びてる ああ、ここにブッダがいる 食べたものが悪かったみたいで 胃が少しきりきりしてる ああ、ここにブ …

死と眠り

日頃のあなたは自分の力で生きてる そうだね、働いて、掃除して、 食べるものを調理して、お風呂で体を洗って 服を選ぶのも着るのも 自分の選択と行動によってなされる …

幸せのエネルギー

欲しいものや解決したいことは 当然「未来」にあるね 全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ ログイン. …

人生という台本

独特のオーラを放つ俳優がいて その貫禄から映画やドラマのなかで 際立った役柄をもらうことが多かった 善良だけでも悲劇に見舞われる役だったり 血も涙もない悪人の役 …

春の空

見上げればいろんな雲がある どんよりした黒い雲や 軽やかな霧のような雲 風に流れて 流れのなかで形を変えたり どんどん薄くなって消えたりする でもなにもないとい …

-->