「 観照 」 に関する一覧を表示中

自らかける魔法に・・

近所でインド料理店を営むインド人店主と たまに一緒に買い物に行ったりするのだけども いつもの笑顔と相まって 彼の話すカタコトの日本語は とても優しく聞こえる 誰 …

“目の前”にあるこの世界

楽しそうに賑わう街を歩いてるとき そこに目を奪われるのではなく このように自らに語りかけてみることだ 「いつか私は”この世”から去ってい …

イエスから奇跡の力を学ぶ

やらなければならないことがあるのに 何もできないときがあるね 仕事や家事や 誰かへの電話もそう ただ体を動かせばいいだけでなく 頭を使わなければならない 「この …

ずっと目の前にあるのに見えていないもの

当たり前の光景があるだろう。朝がきて目を覚まして親しい人とやりとりをして。 だけどもそうして日常を「当たり前」に捉えてしまうと、大事なものを見過ごしてしまう。 …

白い文字を読んでいく

前回に用いた題材を引き継いで 別の観点からみてみよう たとえば大きな白い紙に 小さな黒い点がひとつでもあれば あなたはとても気になってしまう 健康もそうだね ど …

五感

穏やかな休日 そよ風と一緒にハーブの香りが 窓からやってくる 大いなる生命の柔らかさと優しさが いまもあなたを包み込んでいる そして私たちの作り出した芸術 モネ …

“あの世”への扉

先のことが不安でたまらず なにをやっても落ち着かない 集中できない なにか悪い報せが届くに違いない そうして怯えながら ずっとスマホをチェックし続けている この …

不安な出来事をゆるぎない安心へと逆転させる

お店や会社を運営している人たちと よく話を交わすのだけども たとえば同じ業種なのに コロナ以降に売上げが減った人と そうでない人がいる もちろんコロナという免罪 …

肉体の快楽と精神の至福

宗教やスピリチュアルにおいて 肉体から精神へと向かうにつれて 「高次」だと説明される 今回はその意味を 正しく理解しておくことで 「真の平和」に到達する足がかり …

夜は自然に明ける

それまで順調だったものが 突然暗転してしまう 当然あなたは慌てるわけだ そうして 原因をいろいろ追求しはじめて 最後はいよいよ他人を疑いはじめる そんなことをし …

-->