「 観照 」 に関する一覧を表示中

自意識過剰を克服する

荘子は無為自然や万物斉同といった大いなる流れをベースに「私が真に観るというのは、他人ではなく自己を観ることである」と己の在り方を貫いていた。 この「真に観る」と …

お金に困らなくなる法則

お金に困らなくなる意識の置き方がある。お金の流れそのものが”呼吸”のようになるわけだが、 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です …

これから起こることをあなたは知っている

自我とは精神のことだが 精神=脳活動=言葉の活動だと理解しよう これを逆向きに並べると 言葉の活動=脳活動=精神となる つまり脳も精神も 言葉によって表現されて …

あの人にあの頃を思い出してもらいたい

一緒に暮らしている夫や妻 または恋人や仲の良かった親友が 人生の経過とともに 様子が変わってきているかもしれない 昔は柔かなムードを漂わせていた 優しくてゆった …

愛されたいとき

とても寂しいとき 愛を求めてしまうだろう 愛してほしい 自分に話しかけてほしい 賑わう街を歩いても ひとり取り残されている気分 毎日さまよい歩く 老人たちの寂し …

不幸を過ぎ去らせる

どれほどの大変な物事も必ず過ぎていく これまでもそうだっただろう? だから「過ぎ去る」ということを いつも信じている必要がある しかしどうすればそれは可能だろう …

あなたはまったく不幸ではなく、そして何の失敗もしていない

──人生はクローズアップでみれば悲劇、しかしロングショットで見れば喜劇である。 これはチャップリンが残した名言のひとつだが、これには重要な示唆が含まれており、た …

他人は嘘をつかない

人はいつも他人に振り回される 恋愛にしろ会社や家庭にしろ 要するに人間関係とは 己が振り回されている現状を どうにか解決することにあるといえる しかしなぜ振り回 …

「ここは私の世界」

世界中のどこを旅しても どんな人に出会っても どのような体験をしても “ここ”は己の世界である 声に出してごらん 「ここは私の世界」 ど …

すべてが幻想

家族と暮らしているなかで 自分は存在していないと 想定してみよう 透明になるということだ もちろん家族はあなたに話しかける しかしあなたは存在しないのだから 家 …