「 観照 」 に関する一覧を表示中

優しさに癒してもらう

体がくたくたで もう何も手につかないとき あなたの精神のエネルギーは 自己意識に注がれている そんなときは このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ …

良心と創造世界

この世は表象である つまりあなたの心のなかに 浮かんだ像でしかない 人や物もそうであるし 自分の体の動きもそう 心のなかの像が ただ変化していくだけであり あな …

おばけの世界

本書はたくさんのことを取り扱っている。お金のことや恋愛、会社などの人間関係、それに健康のことなど。またそれらを宗教や社会学、哲学や科学などを使って話をするが、そ …

心の静寂

中世の日本では禅の寺が多くの役割を担っていた。たとえば村人のなかで気の触れた者が出てきたら、医者ではなく禅寺につれていく。 医者でもない禅師がどんな治療をするの …

見たいものを見ることができるとき

あなたは日頃から 体と完全に同一化している ゆえに体と精神が互いに拘束しあう 毎日ヘトヘトに疲れているだろう 嫌々な気持ちで会社勤めなどしていたら すでに朝から …

現実という暴風

自由に生きるということも、不幸にならないことも、その方法はひとつしかない。現実に飲まれないことだ。だがそれは強靭で図太い根性を養うことではない。単にすべてが「で …

この世はあなたのなかにある

どうしようもない相手でも あなたが全部フォローしてやればいい 自分のやっていることを 相手に認めてもらおうとするから 惨めな気持ちになってしまうのだ おかげで寂 …

心の強さを得る

死についてどんなイメージを持っているだろうか。それは得体の知れない恐ろしいもので、できれば想像したくもない、という感じかね。 誰もが死を恐れている。たとえば他者 …

大きな力があなたを救ってくれるとき

嫌いなひとに 「嫌いです」と言えないとしよう まあ理由はいろいろあるだろう それが会社の上司ならば そんなこと言ったら 明日から出社できなくなるし 相手がママ友 …

言葉なき情景

朝の5時になる少し前、いつもそのぐらいの時間に自然に目を覚ましている。季節は夏のピークに向かっていて、窓から見える庭はもう十分に明るい。薄い青色の優しい空、黄金 …