「 瞑想 」 に関する一覧を表示中

鏡の世界

誰かと喧嘩をしたり理不尽な気持ちになったりしているときに「自分をわかってもらおう」「わからせよう」と気持ちを荒立てたところで、余計に誰もがあなたを認めようとしな …

呼吸瞑想と現実世界

ヴィパッサナー瞑想は「呼吸をただ観察すること」で、物事をあるがままにみるという気付き、つまり自我によって詰まりきった「自己というパイプ」を浄化する作用がある。 …

いまここで癒しに包まれる

疲れ果ててしまって 何もする気力がないとき 余計な心配ごとに囚われているとき このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みで …

あなたは何者なのか(4)

人間の知性は己の意識空間に現れた様々な現象を認識する。 だがここでひとつ注意が必要なのだけども、知性が認識する前にあるその「現れ」というのは一体なにが現れている …

幸せとは何だろう

そもそも幸せになるってなんだろうか あなたはどのように考えているだろう? あれが手に入ったら幸せ? 物事がうまくいってくれたら幸せ? それらは求める気持ちが先に …

二重の世界

私たちは二重の構造を生きている。ひとつは「永遠の円環」である。それは時間の進行もなく、生も死もない、増えることも失われることもない。ただ漠然と充実した自然と一体 …

優しさに癒してもらう

体がくたくたで もう何も手につかないとき あなたの精神のエネルギーは 自己意識に注がれている そんなときは このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ …

心の静寂

中世の日本では禅の寺が多くの役割を担っていた。たとえば村人のなかで気の触れた者が出てきたら、医者ではなく禅寺につれていく。 医者でもない禅師がどんな治療をするの …

見たいものを見ることができるとき

あなたは日頃から 体と完全に同一化している ゆえに体と精神が互いに拘束しあう 毎日ヘトヘトに疲れているだろう 嫌々な気持ちで会社勤めなどしていたら すでに朝から …

現実という暴風

自由に生きるということも、不幸にならないことも、その方法はひとつしかない。現実に飲まれないことだ。だがそれは強靭で図太い根性を養うことではない。単にすべてが「で …