死を連れて歩きなさい

目覚めるとは思考の世界から出るということ

未来、過去、起こった出来事への妄想
「いまどう思われたんだろう?」
「この花って綺麗だな」

常に纏わり付いているその思考世界から出る
それが目覚めだ

面倒な出来事が起こる
あなたはそれに直面する

そんなとき
一度自分を物のレベルまで落としてみなさい
事実そうなのだから
ただの物理のぶつかり合い
物理的な変化
フィジカルは幻想世界のコアを成している
あなたも気付けばただの物体だ

ただその通りにそれを感じ取る
その中で生きる
ただその通りに生きる

ただその通りに歩き
ただその通りに食べ
ただその通りに見る

それが目覚め
あなたが目覚めたとき
その世界を見るがいい

人は誰と話しているつもりでいるのだろう
人はどんな自分でいるつもりなのだろう

みんな一人で話し
勝手に動く身体に引き摺られている
その世界の中で何かを見ているのだろう

だがそれもあなたが見ている世界
何もないが
想像できるものだけがそこにある

望んだ人生を生きようとしないことだ
起こるがままの人生を生きなさい
望んだ世界は思考の中を抜けられない

風が肌を触れる
ただそれだけを生きなさい

ひとつだけ確実なことがある
それは死ぬこと
あなたは必ず死ぬ
死を常に意識しなさい

死は素晴らしい
死だけが教えてくれる
それだけが絶対的なもの
あなたは死ぬために生まれてきた
唯一確実に訪れるものだ
明日の出来事なんてわからない
だが死は必ずやってくる
死は友人
あなたと常に一緒にいる

だから
風が肌を触れる
ただそれだけを生きなさい

死を友好的に迎えなさい
常に一緒にいるようにする
風が肌を触れる
ただそれだけを生きられるようになる

あなたが死を連れて一緒に生きるとき
いずれ気がつくだろう
「一体何が死ぬのだろう?」とね

見たら、見える
この悪趣味染みた現象が本質だ
何もないのだよ
だがあなたの「見た」があれば見えてしまう
なぜ目を瞑っても視界が浮かぶのか
なぜそこにいない誰かの声が再現できるのか
味も匂いも感触すらも
何もかも、そこになくても
そこにある

「いま」に深く留まることができれば
意識したものだけが世界に出現していたことに
気がつくだろう
思考に囚われていればそれがわからない
覚えていないのだ
あなたが「リンゴ」を意識すれば
ふと目をやった先にリンゴがある
だけどあなたは気がついていない
あなたがそこに創り出したことを忘れている
それが眠りの状態、つまり思考の中

時間は実在しない
あなた自体が時間そのもの
23時24分にどこかへ行くんじゃない
その時間に何か予定を起こすんじゃない
時間が動いているのではない

動いているのはあなたの方だよ
あなたがリンゴを見た
それが23時24分だ
その瞬間がただそこにある
リンゴがあって、2324という数字がある
あなたが時間だ

いいかい動いているのは時間じゃない
あなたの方だ
あなたが時間だ
時間はただの記号、支配されるものじゃない
あなたが23時24分だ
23時24分が訪れるのではない

あなたがどんなことが起ころうとも
その通りに受け取って生きていくと決心をする
自分の都合などいらない
23時24分に在る

それが目覚め
望みを叶える人生を生きてはいけない
思考の世界から抜け出せない
起こるがままを全身で体感する人生を行きなさい

忘れそうになったら

死を呼び込みなさい
死を連れて歩きなさい
死を連れて食べなさい
死を連れて仕事をしなさい

死神があなたへ様々なリアルを教えてくれる

別に誰も目的などないのだよ
生きてきた意味も目的もない
だけども誰もがその世界を創り出し
その中で生きている
それが思考の中だ

記憶という快楽生成装置に騙され続けて
アイデンティティや望みを持つ
だがそれは一体何なのかね?

あなたは誰になろうとしているのか
どういう服を着ていようとしているのか

この誰もが「目的」とやらに錯覚した小宇宙の集合
それがこの現実という理想郷だ
快楽(記憶)の集合体

その服を脱いだときに
何の意味もなく何の目的もなく
ただ漠然と「世界があった」ということがわかる

 

いつも死を連れて歩き
決して望んだ人生を生きようとしないこと

あるがままにそこに在りなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事