現実という幻想に気付く手記。日々追加。

思い出の管理人

幸せであるときほど 幸せを感じることができないという 不幸な癖がついていないかな 毎回しばらく後になってから 「ああ、あの頃は幸せだったな」と思う あなたはいつ …

大きな流れのなかの小さなひとり

森の中にいるとき 街の中にいるとき 意識を解放して すべてが同時に動いていることを 感じてみることだ それは何が動いているのだろう? このコンテンツを閲覧するに …

新しい自分と新しい世界

あなたが遠い道だと思っていることは 実はすぐに到達することができる このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会 …

心の逃げ場をつくらない

なんでもそうだけども 不都合な出来事が起きたとき 「まだ自分にはこれだけ残ってる」と 余力に気持ちを委ねてはならない たとえばお金はその典型であるし 仕事上の何 …

幸せ色の宇宙

起きた物事に人は振り回される 腹を立てたり 不安になったり焦ったり このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会 …

祝祭の日々を実現する

千里の道も一歩からといわれる つまり大きなことも着実にやれば 必ず成功するということである そのように古代から言われてきたが 現代人はせっかちであり そんな悠長 …

安心感と直感力を備える

宇宙が巨大なひとつの命であることを 常に忘れず感じていることだ 新しく何かをはじめるにしても 逆に自分の身に何が起こるのかと 不安になっていても このコンテンツ …

神の語りかけに気づく(後編)

前回までに話したように、この世界の光景は眼ではなく脳が作っている。世界は頭のなかに起きているわけだ。だから外の世界には色さえも実在しない。光の刺激を神経回路が反 …

神の語りかけに気づく(中編)

 Source: Twitter @Nicola_Hume 前編からの続きとなるのだけども、さてこのスニーカーは何色に見えるだろうか? これは去年の暮れに話題に …

神の語りかけに気づく(前編)

今回は私たちの日常生活でもっとも重要な行為のひとつである「見ること」を中心に話を進めていこう。この「見る」ということは生きているうえで基本的なことであり、なんの …