現実という幻想に気付く手記。日々追加。

休息のままで暮らしていく

他の人と同じ空間にいるとき その相手に自分の良い印象を 与えようとばかり考えてしまう 自分はどう見えているだろうとか こういう表情や身振りをすれば きっとこう思 …

不安をつくらない生き方

不安になると落ち着きがなくなることは よく経験するだろう 自分でも落ち着かなきゃと思っているが なかなかコントロールできない このコンテンツを閲覧するにはログイ …

瞑想によってみえてくるもの

忘れがちになることだが、私たちは”自然のなか”で生活をしている。都会のタワーマンションで暮らしていてもそうだ。 学校に通ったり、就職した …

いまの苦しみはいまだけのもの

タイトルの通りなんだけども「じゃあいまを我慢して耐えていれば苦しみは消えるんだ」というわけではない。この「いまだけの苦しみ」は永遠に続いてしまう危険性を孕んでい …

あの人にあの頃を思い出してもらいたい

一緒に暮らしている夫や妻 または恋人や仲の良かった親友が 人生の経過とともに 様子が変わってきているかもしれない 昔は柔かなムードを漂わせていた 優しくてゆった …

愛と優しさに満ちた世界だからこそ願いは実現していく

たとえば家族が病気になって弱ってしまったとき、自分でも妙だと思えるぐらい優しくなれたりしないかな。 いつもはその人に対して素っ気ない態度をしていたり反発したよう …

私たちは何度も生まれ変わる

たとえば「自分が死ぬ」ということを深く考えてみれば、誰もが思考では到達しえない神秘なるものを感じ取ることになる。それは「自分が死んだこと」の事後的な確認ができな …

何が起きても大丈夫である生きかた

仏教の教えに「空(くう)」というものがあるね。空とはなんだといえば、「あるけどない、ないけどある」を実現させているものだ。 たとえば、湯船のなかで洗面桶を沈めた …

神からのメッセージ

人生で起こる出来事は それが過ぎ去ってから その意味がわかるものだ たとえばたまの口喧嘩ならば さほど長引かずに普段通りに戻るだろう 喧嘩をしている最中は もう …

愛されたいとき

とても寂しいとき 愛を求めてしまうだろう 愛してほしい 自分に話しかけてほしい 賑わう街を歩いても ひとり取り残されている気分 毎日さまよい歩く 老人たちの寂し …