「 無為自然 」 に関する一覧を表示中

世界は一冊の書物である(前編)

何かを考えるとき、当然その対象がある。誰かのことだったり、何かの心配事だったり、いま着手している家事や仕事のことだったり、心の中のことであれ、事物であれ、考える …

魚の目に水見えず(後編)

さて前回までに話した人間世界における「日頃の心がけ」を並行することで、瞑想的なライフスタイルはより実質的なものとしていくことができる。 このコンテンツを閲覧する …

魚の目に水見えず(前編)

今回は2回にわけて、私たちの本当の姿である「大いなるエネルギー」について、風水や人間関係、お金のめぐり、悪いものを見定める直感力、その他いくつかの秘訣を交えなが …

流れるように生きる

私たちが最も勘違いしているところ、それは「自分が何かを話している」と信じているという点にある。誰かと会話をしているとき、またひとりで心のなかで考え込んでいるとき …

幸せとひとつになる

何を手に入れても何にトライしても、生きていることの実感を伴わなければ、どれも虚しいことになる。 恋人や家族と過ごしていても、仕事や研究をしていても、街や公園を散 …

常にパーフェクトであること

人生は苦労が多いし 遠回りばかりだろう どうしてもっと早く到達しないのか どうしていまになってわかったのか あのとき別の選択をしてればと いつも後悔をしている …

愛の原理

自分を幸せしてくれそうだと思って 結婚したり子をつくったり ペットを飼ったりする そうじゃない 相手を幸せにしてやれるから あなたは満たされるのだ 物質的に豊か …

あなたを癒し、安心させ、ワクワクさせるもの

人間には言葉がインストールされている 老若男女みんなそうだ 社会的立場や年齢的に 相手が自分より小さな存在にみえたとしても あなたと同様に言葉(霊)が宿っている …

気づきがあなたを救う

人生が良い方向へ大きく転換するとき それはあなたが何かに気づいたからだ 苦悩の日々の中ではっと気づく そしてそれまでの解釈や方法を捨てて まったく新しい道を歩ん …

七夕の夜空に出会うもの(後編)

秦の始皇帝 紀元前の中国は長きに渡る覇権争いが続いていた。うんざりするような血なまぐさい戦国時代が何百年も続いた結果、紀元前3世紀に秦の始皇帝が中国全土を統一し …