「 技法 」 に関する一覧を表示中

幸せの扉

なにが人生を制限してるのかといえば、それは生まれでも環境でもない。自分のためらう心なのだ。だけども自分ひとりのことなら、みんなわりとためらわずにやってのける。暴 …

羨む世界がここにある

街は羨ましさで溢れている。お金持ちもいるし、恋人たちで溢れている。そんな彼らを眺めるだけで自分はなにをしているのだろう? さっきの素敵な人もどこかへ消えた。こう …

いまに在るひと

スピリチュアルに心酔していなくても、心に余裕があるとき自然と人は「いまに在る」ことができる。 たとえば4億円の宝くじが当選したとイメージしてみるといい。今日は会 …

人間という言葉の世界

ハサミは道具だ 物を切るときに使う ならば言葉も道具だ 自分の思いを 「知ったり」 「伝えたり」 するための道具となる 日本人とアメリカ人が まったく同じ思いを …

シンプルに行動を起こしていくには

恥を忍ぶという態度がある。己のプライドを捨てて何かをお願いしたり、それに取り組むということだけども、そうであるとき物事をシンプルに見据えているはずだ。 このコン …

苦悩を解放する

どうにもならないような面倒ごとを背負ったとき、重い気持ちが辛いからといって、無理に良い風に解釈しようとしてはならない。 そうした思考的な縛り付けは、それを維持す …

威圧感のある相手

威圧感のある人がいるだろう その人が良かれ悪かれね 会社の上司や顧客 友人やらママ友 通りすがりの知らぬ人かもしれない あなたはそうした人々に圧倒される 強大な …

人生を活性化させ続ける工夫

何かを懸命にやっているが、それがモヤモヤしてうまくいかなくなってきたとしよう。そんなときはまったく別のことをやってみると、そっちはスイスイ捗るものだ。 この対比 …

無限の可能性とは何であるかを知る

まず結果だけを追いかけて、ほら現実はこうだ、と自分のなかで決定していることに気づくことだ。そんなことをやっているから固定された現実に縛られてしまう。今後もそれが …

他人から自由になる

会社でも親族でも ママ友でも異性相手でもそう 人間関係に入っていくには 相手からどう思われるかを 一切気にしないことが必要だ 他人にどう思われるかを気にする限り …