「 永遠 」 に関する一覧を表示中

大きな自然と小さな世界

森で暮らしてるリスのように、小さな世界を完全に生きること。 ちゃんと毎日を計画的に過ごして、冬を乗りきれるだけの蓄えを残して、外の物事に心煩うことなく、こちらか …

すべてはつながってる

ワンネスに目覚めたので 人の役に立つ仕事をしたい そんな感じの質問を度々いただくので こちらで回答しておくよ いいかい あなた自身が満ちているなら なんだってい …

水とワイン

ヘトヘトになって帰宅したとき 水を飲んでリフレッシュするか それとも酒を飲んで快活になるか あなたはどちらを選ぶだろう? “疲れ衰えた人&#8221 …

振り子の残像

友達と喧嘩してしまったり それまで順調だったものが 突如として不調になったり まさに人生は山あり谷ありだろう このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ …

見守られていることを知るには

同じ言語を話しているのに 通じ合えない相手がいるだろう というより 自分と完全に通じ合える人など ひとりも存在しない それは逆にいえば 自分が完全に理解できる相 …

子どもや部下の育てかた

世界が幸せだから あなたが幸せになれるのではなく あなたが幸せだからこそ あなたの世界は幸せに染まる これはいつも話していることだね だから子育てや 会社の部下 …

いつの間にか若返っている

臨死体験の報告は世界中にあるけども 国や文化でまるで違う光景をみていたりする つまり日本でお馴染みの三途の川は 西洋だと暖かい光だったりするわけだ しかしそうな …

癒しの技法

いま賑わう場所にいるなら すべてが同時進行で動いていることに 気づいてみようか たとえばショッピングモールなら 行き交う買い物客たちや みんなのコートの裾が揺れ …

聖なる夜に降り注ぐもの

外を歩けばたくさんの人と すれ違うというのに 私たちが人生でまともに関わるのは ほんのわずかしかいない 不思議だね どうして知り合いかどうかを区別するのだろう? …

時間は進んでいるようにみえて進んでいない

私たちは記憶を持っている。記憶があるからこそ、自分は誰で、何歳で、そしてこの世がどういうものであるのかを知っている。 つまり記憶があるからこそ、過去の人生があり …

-->