「 ワンネス 」 に関する一覧を表示中

おおきな光

ある”寂しがり屋”の人が言った 私は街の人たちみんなと なにも違わず生きてきた いつも挨拶をしてくれた 近所の人たちや園児たち テレビで …

ここはどこであるのか

私はもっと世界に感謝したいのに 全然そんな気になれない あの欲しいものをまだ持っていないし 顔を合わすあの人は いつも何かが足りてない そうやって 「そこにない …

本当にしてくれていること

その人に何を言われたか 日々起こる出来事が 自分に何を突きつけてきたか あなたはそうしたことから この世がどういうものであるかを決める つまり人生が幸福か不幸で …

死への恐れを気づきに変える

死ぬのが怖いという人がたくさんいる どうして怖いのかと聞いてみれば 肉体的な苦しみもそうだけども 痛みを耐え忍んだあげくに 孤独のまま消え去っていくことが 怖い …

水が水に消えゆくように

誰もが自分のことを 他の誰かに知ってもらおうとする 家庭でも近所付き合いでも どこでもみんなそうだ 会話を例にとってみれば “自分の話が相手に伝わる …

姿なき温かい気配

私たちが何者であるのかを知るほど、人間の世界はとても悲しいものにみえてくる。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みで …

つながり

家庭内や会社などで 諍いが絶えないかもしれない どうすればみんなが満足できるのか それは決して 相手に何かを強制することでもないし かといってみんながバラバラに …

アゲハ

時間が矢のように過ぎていくと感じたり、人生が短いと感じるのは、それは外部に振り回されて暮らしているからだ。 物事に追われているだけだったり、つまらない欲望を満た …

死、前世、生まれ変わり

人は”黙って”死んでいく 私の周辺も もうたくさんの人が先立っていった ずいぶんと死んだ 親しかった人 社会的なつながりのあった人 話し …

他人を許すには

生きていると色んなところで 人間同士の衝突がある 最近なら煽り運転や 幼稚園の声がうるさいとかで 感情を抑えきれず事件になったという ケースが後を絶たないね 発 …