「 ワンネス 」 に関する一覧を表示中

他者という地獄から抜け出す

たとえばあなたの意に反した返答が 会社の人や友人から戻ってきたとしよう あなたはそんなつもりで 言ったのではなかったわけで 相手は完全に取り違えていることになる …

自信の”基盤”をみつける

自分を前に出そうとすれば 相手のことがみえなくなる 意外なことに これが自信喪失の一番の原因なんだ 自分を立てようとするほど 何を基盤にしていいのかが わからな …

不完全な自分を楽しむ

傷つく言葉があるだろう しかし同じことを言われても 平気な人がいたりして 「どうして気にならないの?」となるね 逆にあなたは気にならないのに ズタズタになってる …

すべての良いことは同じ泉から流れてくる

人生が疲れるのは 他人にどう判断されるかとか どのように採点してもらえるかを考えて 行動しているからで このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログ …

後ろの笑顔

かなり昔の話なんだけども ある雑誌をめくっていたら フォトグラファーの連載コーナーがあってね 1枚の写真に目が留まった 夏の空と見渡す限りの大草原 青空に溶け込 …

人生は安全だったと気づいてみる

私たちは物事を解決しようとするとき そのことに深刻に頭を悩ませて エネルギーを注ぎ続けてしまう ところがそうして「考え込む自分」というのは その悩ましいゲームの …

相手の否定に傷つかないには

「君の代わりはいくらでもいる」 仕事関係や仲間内などでそう言われて 傷ついた経験があるかもしれない 自分という存在が 否定された気分になったからだね だがこれも …

奇跡の世界

社会というのは他人と関わる世界だが それゆえに毎日いろんなことがあるね なかでも「悪いこと」のほうが よく起こるだろう 親しかった人が連絡をくれなくなったり 確 …

ギフト

人間関係というのは 大体は面倒ばかりを含んでいるだろう 不幸やトラブルを それとなく持ち運んできたりもするが それ以上に 人間に備わった「義理の本能」が 大きく …

隣の席の客が気になるとき

人間は五感のうち 視覚だけが特に発達してきたといわれる それは原始の時代に遡るけども 危険な猛獣の接近を 一刻も早く察知するためだった たとえば生い茂る樹木の向 …

-->