「 他者 」 に関する一覧を表示中

夢の灯

キラキラ輝いていたはずの芸能人が 私生活や事件をスクープされて 「あの人もこんなつまらないことをしてるのか」と 呆れてしまうことがあるだろう 自分の日常や知人の …

「最も恐れていること」は決して起きない

「潜在意識が願いを叶える」「潜在意識が不幸を起こす」そんな感じでスピリチュアルでは潜在意識がキーワードになっている。 ところで潜在意識という”語句自 …

“望み”はいつも実現している

望んでいたことが 奇妙なほどに順調に実現していって 「そうか、やっぱり導かれているんだ」と なにやら神秘的な力を実感したとしよう ところが後になって蓋を開いてみ …

幸せなファミリー

家族に「何回言ったらわかるの!」と 完璧を求めてはならないよ 不完全でいいんだ そしてまた あなた自身も完璧を目指さないこと そんなの決して無理だからね むしろ …

都合のいい人にならない

会社や親子関係でもよくあることだが 「いい人」を演じてしまうと やがてその相手の 都合のいい人になってしまう いい親であろうとか いい部下であろうという気持ちは …

あなたらしく生きるには

憧れのあの人のようになりたい その目標のために人生を頑張ってる 多様な情報が溢れる時代において なりたい自分のイメージはあちこちにあるだろう ところがそのように …

「ありがとう」の宛先

長年使ったものを手放すときや 暮らしていた部屋を引っ越すとき ふと「ありがとう」と思えたことが あるかもしれない 生き物でもないのに まるで命あるなにかに伝える …

“つながり”は安らぎと勇気を与えてくれる

「つながり」という言葉は、よく「人脈のことだ」と混同されていたりする。 実際”その誤解”によって人間関係は面倒なものとなるわけで、そして …

死と夢

この先どうなるか、いま抱えている問題はいつまで続くのか。そんな苦しい思いのなかであなたは生きてるかもしれない。 だがひとつ安心していいのは、あなたは自分の死を経 …

“自分”が宙に浮かぶとき

ある人が古ぼけた書店で 一風変わった占星術の本をみつけた 一般に占いの本というのは 良い点はとにかく誇張して 悪い点は濁すかのように書かれたりするが しかしその …

-->