「 観念 」 に関する一覧を表示中

あの人にあの頃を思い出してもらいたい

一緒に暮らしている夫や妻 または恋人や仲の良かった親友が 人生の経過とともに 様子が変わってきているかもしれない 昔は柔かなムードを漂わせていた 優しくてゆった …

私たちは何度も生まれ変わる

たとえば「自分が死ぬ」ということを深く考えてみれば、誰もが思考では到達しえない神秘なるものを感じ取ることになる。それは「自分が死んだこと」の事後的な確認ができな …

あなたはまったく不幸ではなく、そして何の失敗もしていない

──人生はクローズアップでみれば悲劇、しかしロングショットで見れば喜劇である。 これはチャップリンが残した名言のひとつだが、これには重要な示唆が含まれており、た …

起きた結果ではなく原因のレベルで現実を変える

いつも嫌味をいってくる相手や 逆にイライラしてしまう相手 また時間の余裕もなく追われ続ける仕事から どうすれば解放されるのか まずどんなときも 自分自身を観察し …

世界が素敵だと感じられるために知っておくべきこと

瞬間的な満たされ感だけで あとはひたすら心の飢えが続く どうして何をしても “不幸”になってしまうのだろうか これを理解するためには 私 …

いまの恋愛は非常に倍率の高い入学試験のようなものだ

デカルトは自分以外のすべては幻想にすぎないといった。我思うゆえに我あり(考える自分がいるゆえに自分がいるのは確かだ)だね。 だが彼がよく指摘されるのは、その考え …

現実世界という幻想

人間関係や金銭問題などの相談は多いが、今回はそもそも「なぜそんな苦しい世界に自分が巻き込まれているのか」について考察してみよう。 どうせ巻き込まれるならハッピー …

本当は何もしなくていい

毎日大変だろう 何が大変かといえば 苦悩が永久に終わらないことだ 明日も明後日も 今日と同じ苦しみがやってくる まるで競技場のコースを 延々と周回しているような …

ネガティブの快楽

わざわざ物事を悪いほうに選ぼうとする 錯綜した人間心理がある 自分に被害や損害があるもの 自分をダメにしてしまうもの 日頃は避けているにも関わらず 目の前にそれ …

自己管理の法(34)

恐怖や不安というのは、それを直視しないときに生ずるもの、「空白」に生まれるものだ。つまり恐怖や不安そのものは実在しないということにある。私たちが不安に思うものと …