「 観念 」 に関する一覧を表示中

優しくなれないあなたへ

機嫌がよいときは 家族やペットに対して おおらかな気持ちになるだろう 「私たちはみんなで一緒に生きてるんだ」と いろんな立場や種類や違いを超えて 相手を深い慈し …

自己管理の法(38)

さてこれまで「自己を管理する=他因ではなく自因として生きる」こと、つまり世界を自発的なものとして捉えなおし、この世の本来の存在理由を取り戻すための話を進めてきた …

この世の素晴らしさが眺められるところまで

注意深く世界をみつめること。 家族が話した言葉のなか、たまたま目にした雑誌の一文、車のナンバープレート、看板の文字、そうしていま現れてるものは、少し前に己が目に …

自分の限界とは無限への扉がそこにあるということ

学生の頃でも社会人になってからでも 背中を押されるように語られるのは 「いまの自分を超える」だろう そう、いまの自分を超えなければ なにも変わらない 苦悩は居残 …

苦しみから回復するプロセス

人生がなぜ苦しいのかといえば それは「自然に生きていないから」にある 不自然な生き方をしてるということだね しかし不自然な生き方をやめるには どうすればいいのだ …

幸福な夢を生きる

人は一時の快楽を求めたり、快楽に溺れたりしてその後の人生を狂わせてしまう。 もちろん人生が狂ってもそれは遠回りをしているだけで、結局はもとの道に戻ってくる。 し …

この世を理解するということ

煩悩がなくなるとか 光明や悟りが開くという言葉に どこか「世捨て人」みたいなイメージを 持っていたりしないかな たとえば 世俗で普通に暮らしてるようではならず …

光のつぶ

水を満たしたグラスに さらさらの砂をいれて軽くかきまぜてみよう かかげてみつめてみれば 粒子がぐるぐる動いてる様子がある たとえばそれが 雲が流れる夕空だったり …

“師”をみつける

※読みやすくしておいた。 先日コメントした話に多くのメールが寄せられているので補足を交えながらこちらで回答しておくよ。回答として書いたこともあって、やや長いので …

都合のいい人にならない

会社や親子関係でもよくあることだが 「いい人」を演じてしまうと やがてその相手の 都合のいい人になってしまう いい親であろうとか いい部下であろうという気持ちは …

-->