「 それ 」 に関する一覧を表示中

その遠回りの道があなたを救う

ある結果や成果を求めて 効率や合理的な方法ばかりを選んでいたら たしかにそれは近道だろう だけどもそうして “あなた”はどんどん画一化し …

家族を愛するということ

猫を知ろうとして辞書を開いてみれば その猫の項目には 猫以外のことばかりが書かれてある たとえば四つ足だとかジャンプするとか 柄や眼球の機能がどうであるとかだね …

天使はいつもあなたのそばにいる

学生時代が終わって 生きるために社会で働きはじめたころ 同級生だった女の子の訃報が届いて 彼女の葬儀にいった 葬儀場で久しい顔ぶれと再会したのだけども それぞれ …

あまりに近くてみえないもの

大勢で賑わうスーパーマーケットで ふと自分の腕が気になってみれば 店の天井から糸をつたって ちいさな蜘蛛が服に乗っかっていた なんで自分のところに降りてくるのか …

幸せはどこにある?

不幸であるのは もちろん幸せでないからだが あなたはいまどうだろう? 幸せかな? もしそうではないなら じゃあ幸せでないのはなぜだろうか? それはもしかすると幸 …

守られた世界

何が起きても損したとか失ったとか そのように捉えないこと これまでの人生がそうだったように 出来事は単体で起こるのではなく 必ず他の何かにつながっているからだ …

窓辺の戯れ

人間の世界は豊かであるけども 注意深く観察するならば ある滑稽な事実に気がつくだろう それは学歴や結婚や職業にしても そうした「形式」にこそ 価値が与えられてい …

幸せという現象

知人の女性の命日でね お墓参りにいってきた 彼女が引っ越してきたとき 荷物を運び入れるのを手伝ってあげた 全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください …

風に人生を乗せる

社会心理学の用語で 「自己成就予言(予言の自己成就)」 というものがある アメリカの社会学者である ロバート・K・マートンが提唱したのだけども これは願望実現の …

神からのメッセージ

人生で起こる出来事は それが過ぎ去ってから その意味がわかるものだ たとえばたまの口喧嘩ならば さほど長引かずに普段通りに戻るだろう 喧嘩をしている最中は もう …

-->