「 真実 」 に関する一覧を表示中

みんながいること

小説のなかに様々な人々が登場する 出会いがあって それぞれが何かを話したり 悩みを抱えていたり そうして物語は紡がれていく でもそれはとても不思議なことだ ただ …

湯呑みを置いたとき

何十年、あなたと暮らしている母が ミカンをむきながらこう言った 「実はあなたの本当の親じゃないのよ」 一瞬呆気にとられる 「‥え?」と声を出せるまでの ほんの束 …

幸福な夜

自由になりたいとあなたはいう そこで私はこのように伝える 「この世は自ら作り出している不自由だ」 あなたはそうかと頷き 満足げな顔で去っていく ところでこの世と …

使い捨てロボットが意志をもつとき-17

夏に川遊びへいくと、直射日光に照らされた石が火傷しそうなほどに熱くなっている。しかし冬には凍傷しそうなほどに冷たくなる。自然は強度の変異のありのままを私たちに現 …

使い捨てロボットが意志をもつとき-12

思考について考えよう。 人は思考に振り回されているが、思考そのものをどのように捉えるかに思考を向けるとき、そこから解放される。そこで第一にあなたが理解しておかな …

使い捨てロボットが意志をもつとき-11

ここからは大功を成す者たちが知る「そのこと」の核心に迫っていこう。 ところで先のボイルの独創的な仮説は、前にも話したように当時の世間には理解されずに、自らの「懐 …

使い捨てロボットが意志をもつとき-9

いつみても毎日を楽しそうに暮らしているひとたち、どこへいっても愛の花々で敷き詰めらているような世界にいる仲睦まじい恋人たち、愛ある暮らしに満たされた仲の良い家族 …

使い捨てロボットが意志をもつとき-8

では実践に入っていこう。ここまでの話をちゃんと飲み込めているならば、現実は「変更」されるものではなく、現実は「生成」されるものであることが頭にあるはずだ。これぞ …

使い捨てロボットが意志をもつとき-7

人間の毎日をひと言で表すなら「面倒」以外の何ものでもない。やらなければならない義務感に追われて、そして「人間的な手続き」の繰り返し。たとえば対人関係、労働、支払 …

使い捨てロボットが意志をもつとき-6

探偵というのは、昔から子供たちのなかでわりと憧れの職業だったりする。もちろんテレビアニメやシャーロックホームズなどのベストセラーの影響もそうだが、大人ならばハー …