「 真実 」 に関する一覧を表示中

人間世界という眠り

さて前回の手記は この現実があなた自身であること そのことに気づくことが「目覚め」だといった もちろん 気づかないままでいる「眠り」も この現実はあなた自身に変 …

妄想の世界

人間は「無明」ゆえに 正しい見方を失い 己のエゴに固執して いつも間違えた選択や行動に出てしまう そうして妄想世界に執着するようになる 釈迦はいつもそのように話 …

他人への恐れの正体

恐れてしまう相手がいるだろう。 「あの人と会うの嫌だな、またふっかけられたり、相手のペースに支配されるんだろうな」という具合だね。取引や交渉する相手、または知人 …

姿なき温かい気配

私たちが何者であるのかを知るほど、人間の世界はとても悲しいものにみえてくる。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みで …

あなたに包まれているもの

あなたの親しい人が 古くから大切にしているものが あるだろう ずっと使っている揺り椅子や 思い出の写真 幼い頃の昔ばなしを 聞かせてくれたこともあるかもしれない …

現実が変えられなくても大丈夫

どうして自分だけがこんな境遇で生まれてきたのか。どうしてこんなに人生は苦しいのか。 これは人類普遍の問いだといえる。つまりあなただけではない。 私たちは自分の状 …

夢とシンクロニシティ

自分の心をいつも観察していること。そこに流れる思考や感情をただ眺めていること。それが大事なことだ。ところがあなたは「そうして気づいたら、じゃあそこからどうしたら …

本当のことなどわからない

あの人がどうして あなたから離れていったのか あの出来事はどうして うまくいかなかったのか どれだけ詮索しても 本当のことは決してわからない 本当のことが知りた …

一なる光のなかで

あなたが小さい頃に 母は体を手ぬぐいで拭いてくれた 食事の支度や 毎日の衣類を洗濯しておいてくれた 引き出しを開ければ靴下や下着が ちゃんと折り畳まれていた そ …

何もせずして実現させる

周囲の友人たちが 結婚して家庭を持って 人生を満たせているというのに 自分だけが何も実現できていない それなりに 出会いを求めたりもするけども いつも空回りする …