「 自分 」 に関する一覧を表示中

夢の灯

キラキラ輝いていたはずの芸能人が 私生活や事件をスクープされて 「あの人もこんなつまらないことをしてるのか」と 呆れてしまうことがあるだろう 自分の日常や知人の …

三日で飽きないパートナー

昔からよく言われるのは 「美男(美人)は三日で飽きる」だね もちろん三日というのは ことわざ流の言い回しだから 「私は三日以上眺めていられる」と 反論するための …

“自分”が宙に浮かぶとき

ある人が古ぼけた書店で 一風変わった占星術の本をみつけた 一般に占いの本というのは 良い点はとにかく誇張して 悪い点は濁すかのように書かれたりするが しかしその …

自分を好きになりたい

「自分が嫌い」というかもしれない だがそう言えるだけ 自分に向き合えているということだ たぶんあなたが 素敵だとか魅力的と思える人というのは 自分自身をちゃんと …

自信に満ちているあなた

自信をもつということは この世はあなたのなかにあるのだと 知ることにある だから自信がない”自分”が 無理に自信を持つことではないんだ …

魅力ある役者

ある俳優がいて いろんな作品に出ているが 彼の演技はいつも同じだといわれる たしかにどんな役柄を演じても いかにも”彼のまま”だ 最近の …

愛する人を愛せないという呪いを解く

あなたは人生で たくさんの人々と関わることになる 家族や学校もそうだし街や仕事など その場だけの関わりもあるだろう ところでどのような相手であれ その存在を認め …

猫とマグカップ

ある物をみて 「それは好きじゃない」と感じたとしよう 薄い水色のマグカップかもしれないし 袖にラインの入った上着かもしれない どうしてかと聞いてみれば 「ある人 …

輪に溶け込めず孤立してしまう

職場の人たちと仲良くできない 悪い人たちじゃないけども まったくオープンになれず いつも相手に申し訳ない気持ちになる 昔から大勢の輪というのが苦手で 自分が話し …

不幸の鎖を溶かして身軽になる

たとえ嫌いな相手や 日頃許せない家族でも その人が問題を起こしたときに 決して「ほれみろ、やっぱりそうだ」と 信念を強めてはならない そうやって現実を固定するほ …

-->