「 思考 」 に関する一覧を表示中

幸せを作るということ

誰もがいつも 焦りと不安のなかで慌てている 急いで生きている それがそもそもの不幸の原因なのだ 他人や世間に理不尽を感じ そして自分の無力さに打ちのめされる 「 …

「いつかパニックになる私へ」

あとになってみて どうしてあんなことをしてしまったのだろう という経験があるだろう 生き方のコツとして 非常事態のマニュアルを作っておくといい これは世渡りのた …

手のひらの広大な世界

あなたが誰か親しいひとの悩みの相談に乗っているとき、人がいかに囚われる生き物であるかを実感することができる。 たとえば恋に悩む友人の話を聞いていると、何度も同じ …

答えをみつける

人間関係や生活上の諸問題 自分の存在の意味 人はみな答えを探している その探求のために 何年も費やしたりすることもある 心身ボロボロになっていく だけども気づい …

安心して取り組めば問題はすぐに解決する

どんな人であれ、必ず何らかの欠如を抱えて生きている。それは生まれ持った場合でもあるし、人生の途中からそうなる場合もある。 生まれながらの身体的な問題もそうである …

ネガティブ思考のプロセスを変える

人間は「言葉の次元」と「一なる次元」の 両方にまたがって生きている 私たちは言葉の次元によって 心の解釈の世界を生きている 「そこにあるものは何々だ」 「いま自 …

問題はそれ自体では解決しない

前回の手記でも話したように、ひとつの言葉はそれ単体では意味を持つことができず、文脈のなかにおいてのみ特定の意味を持つことができる。他との関係のなかで役割を与えら …

罪を償うために

あなたが死んだら この世界を誰が体験するのか 残されたひとたち? その残されたひとたちが 後を引き継いでいることを どうやって知るのだろうか これはシンプルな死 …

鏡のない世界

他者や社会との関わりのなかで いろいろなことを感じるだろう 嬉しいことがあったとか 嫌な思いをしたとか だから良いことを求めて 嫌なことを避けようとする そのせ …

唯識と脳と現実変更(6)

右脳的生活が深まるにつれて、この世が本当はどのようなところであるのかを知るようになる。釈迦はそれこそが悟りの境地であるとして「涅槃」や「菩提」と呼んだ。 この2 …