「 真実 」 に関する一覧を表示中

すべてが幻想

家族と暮らしているなかで 自分は存在していないと 想定してみよう 透明になるということだ もちろん家族はあなたに話しかける しかしあなたは存在しないのだから 家 …

解決できない現実にどう向き合うか

いまから350年ほどまえに このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

夢の構造から己の現実の仕組みを知る

現実はただ起こり続けている。だがその「ただ起こる」ことに自我は一喜一憂する。 スピリチュアルでは「起こりをただ俯瞰せよ」という。それはつまり、乾電池につないだ電 …

約束を果たす

どんなに当たり前にあると 思っていても いつかは別れがくる 失う時がくる それが宇宙の定めだからだ だけどもその日を怯えて 生きたところで なんの解決にもならな …

意識の種類

辞書を引いてみれば「意識」にはいくつもの定義がある。便利な言葉であるので文脈によって様々な使い方がされるが、ここでは2つに絞ってみよう。 まず日常会話でよく使わ …

愛からのメッセージ

魂は自由であるのだけども その意味を人々は理解できていない 「不自由な世界」のなかで 自由を目指すということしか考えつかない だから不公平や理不尽につきまとわれ …

ジンクスを超えて自由になる

あっちの方角へいくと ろくなことがないとか この色の財布を持つと いつもお金がなくなるとか あのタイプの性格の人とは 必ずトラブルになるとか 同じ条件で何度も悪 …

切ない世界、永遠の世界

自分の子どもが抱える問題について 相談をたくさんもらう たとえばいじめ被害や不登校 または暴力的な事件をおこしたり ケースは様々ある いくらあなたが説得しても …

この世のすべて

たいせつな人がいて 自分が先に死んだら 残されたその人をずっと守ってあげたい 危険を寄せ付けず いつも安全な方角を案内したい 私が誰であるかはどうでもいい ただ …

光の世界(前編)

人間が捉えている世界が、いかに「人間が創り出した世界」であるのかを探る手がかりはいくらでもあるが、今回は「目」を題材にしてアプローチしてみよう。 まず視覚につい …