「 死 」 に関する一覧を表示中

前世の記憶

「なぞなぞ」 Aはこの世のすべてをみている ところがこの世のいかなるすべても そのAをみることができない さてこの「A」とはなんだろう? わかるかな このコンテ …

隣の席の客が気になるとき

人間は五感のうち 視覚だけが特に発達してきたといわれる それは原始の時代に遡るけども 危険な猛獣の接近を 一刻も早く察知するためだった たとえば生い茂る樹木の向 …

愛と死とそして

「愛」とは完全性のことにある あなたや私という区別がなく ひとつであること その「ひとつ」になるために 私たちは恋をしたり 楽しみや充実を求めたりする その観点 …

愛と仏

「知らぬが仏」という諺ことわざがあるね だいたいは軽口で使ったりするけども 実はこれには深遠な意味がある 知らぬが仏、言いかえれば 「知ると仏ではない」わけだが …

良縁を結ぶあなたの魅力

「魅力」については これまで幾度となく話しているけども 相変わらず相談件数の上位を占めている だいたいは以下の2つとなる ・どうすれば魅力的になれるのか ・どう …

恐れを超えて無限の源泉に到達する

「覚悟を決める」「腹を括る」というのは 自己意識のある特殊な状態を表している それはここにある出来事や 起きてくる物事と 「ひとつとなる」ということだ たとえば …

真っ白な病室

人間世界での苦悩を乗り越えるにあたって、まず人間というのは「ひとつの総体」であることを頭に入れておく必要がある。 「私は孤独だ」といったところで、食べ物や衣類を …

死への恐れを気づきに変える

死ぬのが怖いという人がたくさんいる どうして怖いのかと聞いてみれば 肉体的な苦しみもそうだけども 痛みを耐え忍んだあげくに 孤独のまま消え去っていくことが 怖い …

アゲハ

時間が矢のように過ぎていくと感じたり、人生が短いと感じるのは、それは外部に振り回されて暮らしているからだ。 物事に追われているだけだったり、つまらない欲望を満た …

死、前世、生まれ変わり

人は”黙って”死んでいく 私の周辺も もうたくさんの人が先立っていった ずいぶんと死んだ 親しかった人 社会的なつながりのあった人 話し …

-->