「 死 」 に関する一覧を表示中

「なんだ、夢だったのか」

眠りから目を覚ましたとき みていた夢を覚えていたりするね さっきまで信じこんでいた世界、 つまりなんらかの用事に追われて いろんな人とのやりとりがあった世界が …

涅槃へ

街でも公園でもいいから そこにある光景全体が 一挙に動き続けていることに気づいてみよう 視界には個々のいろんなものがあるけども その”見かけ&#82 …

悲しい夢から目を覚ます

時代が進むごとに なんでも効率的になった 会社でも日常生活でもそう つまり生産性が格段に上がったんだけども ところがそうして たくさんできるようになったからとい …

「明日の自分」

人であれペットであれ 他者の死を私たちは経験する だが自分の死は どのように理解しておくべきなのか 今回はその “事前的な感得”について …

幸せはこわくない

たとえば 宇宙と地球の関係をイメージしてみようか 宇宙という無のなかに 地球という有があるね 「地球が滅亡する」なんていえば 恐ろしいことになるだろう なぜなら …

快活に暮らしていくための知恵

快晴の朝は気持ちがいいけども それは雨の日があるからこそであり そうしてバランスよく 天気という全体は成り立ってる あなた自身もそうだね 良いことだけでなく 悪 …

人生は何度でもやり直せる

「人生は何度でもやり直すことができる」 とよく語られるね だが「やり直せる」というその意味は これまで自分が必死に支えてきたものを 諦めるということだ それは自 …

「実はこの宇宙には自分しかいないんじゃないか?」という疑問を解く

「人間の成長」を描いた物語があるね 絵本や演劇や小説や映画や また昔話や伝説などの民間伝承もそうだし 仏教にもそうした説話がたくさんある だが人間の成長とはなん …

死への準備をしておく

最近は断食を ファスティングと呼んだりするね 英読みしただけで意味は同じだけども 日本でファスティングと呼ぶときは 健康や美容の目的 つまりダイエットやエイジン …

月と幸福

欲しかったものを手にしても 大切な人とめぐり会えても いつかは別れがやってくる 自転車のペダルを踏み出せば 新しい風景が現れては 後ろへ消え去っていくように あ …

-->