「 死 」 に関する一覧を表示中

月と幸福

欲しかったものを手にしても 大切な人とめぐり会えても いつかは別れがやってくる 自転車のペダルを踏み出せば 新しい風景が現れては 後ろへ消え去っていくように あ …

死者たちの行進

たとえば商店街を歩いているとき 同様にたくさんの人たちが それぞれ目的の方向に歩いているだろう 自分と同じ向きで歩いてる人もいれば 向こうからやってくる人もいる …

自然の掟

野生の動物の世界は 本気であなたを殺しにかかってくる 全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。2700本以上の記事を自由にご覧いただけます。→ …

死と夢

この先どうなるか、いま抱えている問題はいつまで続くのか。そんな苦しい思いのなかであなたは生きてるかもしれない。 だがひとつ安心していいのは、あなたは自分の死を経 …

死と再生

“自分”の死をイメージしてみようか すると布の手触りや雨の日に感じた湿気や オレンジジュースの甘さや 人々の姿やいろんな姿形なんかが す …

すべては成るようになっていく

恋人の家にいくと、その人の生活を支えているオーブントースターや冷蔵庫がある。「あなたよりも恋人をよく知ってるんだよ」と微笑むように穏やかに佇んでいる。 そうだね …

死にぴたりと背中をくっつけて

迷ったときや決心するとき それが愛に基づいた選択であれば かならず幸せへとつながる これは時代や文明を超えて 人間の歴史のあらゆる場所で 語られてきたことだ だ …

前世の記憶

「なぞなぞ」 Aはこの世のすべてをみている ところがこの世のいかなるすべても そのAをみることができない さてこの「A」とはなんだろう? わかるかな 全文をお読 …

隣の席の客が気になるとき

人間は五感のうち 視覚だけが特に発達してきたといわれる それは原始の時代に遡るけども 危険な猛獣の接近を 一刻も早く察知するためだった たとえば生い茂る樹木の向 …

愛と死とそして

「愛」とは完全性のことにある あなたや私という区別がなく ひとつであること その「ひとつ」になるために 私たちは恋をしたり 楽しみや充実を求めたりする その観点 …

-->