あなたの制限に気付いてそれを解除する

あなたに制限をかけているものは
一体何だと思う?

同じことを繰り返し見ていることだ

同じテレビのCMが流れてくる
聞こえてくる音楽
日々の風景
誰かとのいつもの会話
そしてお決まりのあなたの思考

そういった同じことの繰り返しが
あなたをその場所に固定させてしまう
あなたの人生が平凡で退屈で
大した希望も見えず
何のドラマもない
そうであるならば
単に毎日同じ通りに生きているからだよ

捨てておきたくない本
置いておきたい記憶
いつも腹が立つお馴染みのパターン
素敵な異性が目の前を通り過ぎても
見て見ぬ振り

その信念ともいえる執着が
あなたを次の瞬間へと誘わない
一体何のプライドだい?
何と我慢比べをしているのかね
やりたいことを素直にやればいいのだよ
その世界はあなたの心の投影だ

常に変わり続けなさい
新しい風の中で生きていなさい

思い出の品を捨てろというわけじゃない
ちょっとした工夫で
身の回りをいつも新しく迎えさせるのだよ
そうしていれば
あなたは無限の豊かさの中にいられる

自分自身をいつも更新しなさい
そこに意味など感じなくてもいい
それをやって何になるんだろう
そういうことをやり続けなさい

いつも「違う」ということだ
あなたが違えば世界も変わる
たった30分早く起きただけで朝が違う
いつも「時間がない」と忙しいあなたが
たかだか朝の30分を過ごすだけで
心の余裕を得る

そうして人生のすべてを更新していきなさい
生の躍動を体験をするのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. サボ より:

    >その世界はあなたの心の投影だ

    よく聞きフレーズですが、正確にはどういう意味なのでしょう?
    対象に意味づけをするということでしょうか? 例えば以前犬にかまれた者が動物は危険だと意味づけをし、町で犬を見たとき世界に恐怖を感じるといったような。
    つまり対象に独自の意味を与え、その意味から伝達される感覚を味わう(例であれば犬に危険という意味を与え、危険から伝達される感覚を味わう)

    それとも犬という対象自体が心の創造物という意味でしょうか?
    つまり犬という形状自体(意味やそこから連想される感覚ではない)が心が産み出した(物体あるいは形状としてクリエートした)ものという意味でしょうか?

    • 自分 -涅槃- より:

      サボさん

      すべて記憶を見ているからだよ
      あなたの生きている世界は
      実際には何もなく記憶の再生だけだ

      指の動きもそう

      過去の思い出もそう
      すべて「いま」再生している

      つまり何も起きていないし
      そこには実は何もない

      眠るときの夢は
      あなたの心情が具現化する
      それはあなたにヒントを与えている
      日常も同じだよ

      あなたが探求者ならば
      探求する心、焦りや不安、不審、疑い
      そういう現実ばかりが起こる

      問いは問いだ
      心を挟まずに
      あるがままを見ていきなさい

      同じ苦を続けたくないのならね

コメント・質疑応答

  関連記事