「 愛 」 に関する一覧を表示中

光の世界(後編)

実は前回で終わらせる予定だったんだが、文量が増えてしまってね、ここまでを軽くまとめておこう。 生体リズム(サーカディアンリズム)は自律的に動き続ける。つまりリセ …

光の世界(前編)

人間が捉えている世界が、いかに「人間が創り出した世界」であるのかを探る手がかりはいくらでもあるが、今回は「目」を題材にしてアプローチしてみよう。 まず視覚につい …

信じるか疑うか

なにかを信じるということ なにかを疑うということ 人は常にその両極に揺れ動いている 恋人や友人に対して また自分の未来や いましていることが 正しいのか間違えて …

ずっとここに在るもの

いつもそばにいるひと その人は風であり太陽であり雨である すべては自然と同じなのだ たとえばそのひとを失ったときに 薄っすらとそのことに気づく いまはもうここに …

世界から呪いの魔法が解ける

いつも話していることだけども、人は自分で苦しみを作っている。思考することによってわざわざ作り出している様子にある。 こうして話すと「じゃあ苦しい思考をしないよう …

電気じかけの世界

運命の出会いがないというとき それは大海原の真ん中に 放り出されたようなものだ ただひたすら 出会いの奇跡を信じて 待ち続けるしかないし たとえそれらしき人に出 …

恋愛の捉え方をかえる

人生で味わう苦しみのひとつに恋愛の苦悩がある。そこで今回は恋愛とはそもそもどういうものであり、苦しんでいるとき己はなにを見失っているのか、そしてどうあれば満たさ …

不思議な力に癒される

あなたのその世界があって、あなたはそこに現れている。だからあなたが悲しいものだと世界をみれば、あなたも悲しいものとなる。 嬉しいものだとしてみれば、あなたも嬉し …

意識の旅

あなたが一切の不幸から脱して本来あるべき充足した生に満たされるために、理解しておくべき大事なポイントがある。それはこの世界のなかで「孤独な私が存在している」とい …

エンドロール

パッケージに期待して借りたのに 退屈だった映画は多いだろう 最近は内容よりも 宣伝を派手に打つことで 注意を集めようとするから 特にそんな経験が多いかもしれない …