不幸を遠ざける

なぜ陰鬱な気分になるのかといえば
物事について妄想するからであるが
その「妄想の傾向」
過去の体験などが蓄積された
潜在意識の領域から運ばれてくる

まあ「嫌な気分になっている」時点で
現実化されているのだけども
あまりにそれが重なると
今度はあなたの内部を飛び越えて
外の出来事として起こり始めるようになる

つまり妄想を超えて物事そのものが
陰鬱さを帯びるようになる
「嫌な気分になるため」の物事が
次々とセットされるようになるわけだ

そもそもの発端はネガティブなパターンが
潜在意識に刻まれていたからである

だから日頃の
娯楽などの選別は慎重であることだ

たとえば暴力的な漫画や映画
特に身近な世界観のものは注意だ
リアリティが強いほど深く刻まれるからね

日本社会の裏側を扱ったもの
消費者金融や殺人、怨恨などを
テーマにした作品は可能な限り遠ざけること

愛する人や動物などがいる場合は
悲劇的な連想がされるものは
完全に避けるほうがいい

 

1.

ツタヤやアマゾンの商品一覧で
そうした事物が「視界に留まる」のは
あなたの深層にそのタネがすでにあるからだ

こんな経験はないかね?
「そうそう、こんなのを待ってたんだ」

それはあなたから出てきたものなのだよ

そうして出現した物事に関わるほど
娯楽の中だけに収まらず
実際の体験としてそれが起こるようになる
たとえばそれが漫画だったなら
あなたがその漫画の世界に入り込んでしまう

人々の性格の悪さが目に留まるようになり
あなたは憎悪を持つようになる
街全体にダークな空気が漂い
想定外の悪い知らせがポストに投函される

一度その世界にはまると
なかなか抜け出せない

入浴中も誰かのことが頭から離れない
憂さ晴らしにツタヤへ向かい
「もっと不幸な話」を求めるようになる

ん?
そのツタヤの袋はなにかね?

 

2.

そのスパイラルから抜け出すには

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. Miko より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. Capy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • Capy より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. まちぞー より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. zerozero より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • zerozero より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ハイライト より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ハイライト より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. nao14 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事