得をすれば損をするようになっている

ある得する話に荷担したとしよう
あなたが得をするということは
誰かが損をするということ
それを忘れてはいけない

そういうとき
予測もしない別の方面から
必ずあなたに問題が降りかかる

つまりあなたが誰かに損を与えると
あなたに損が降りかかる
これは日常的に起こるものだから
覚えておきなさい

どんな得する発想も
それは誰かに損を与えている
別に得する必要などないのだよ
ありのままでいい

それが得するバーゲンセールでも
弁護士を通したクリーンなカネでも
全部同じ事だ

必ずあなたは損をする
すべてはイーブンに成り立つように
なっている

水面の如く
必ず水平になる

だから「得をしよう」としないことだ
お金でも人でも
何かがたくさん集まるときとは
そんなことを考えていないときに限られる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事