文字から内容を作り出していることに気付く

あなたが感動した小説がある
本だから当然各ページに文字が書かれている

文字と内容がそこにある

あなたが感動した小説
そこにはある種の現実が想起する
例えばSF小説
架空の未来世界で起こる出来事を
架空の人々がドラマする

つまりすべて嘘だ

だが小説に入り込むとき
あなたはその「現実」に踏み入っている

偉大なる小説家をただの嘘つきとするのか
それとも世界創造者とするのか
それはあなたの解釈による

その本をめくってみる
そこには文字が並ぶ
ただの記号
だけどもあなたは
その記号の羅列に内容を観る

この手記もそう
本書が官能小説だとすれば
この文字列はあなたを性的興奮に誘う

くだらないとすればそうだし
すごいとすればそうだ

しかしそこには記号の羅列があるに過ぎない
あなたは文字という模様に
「内容」を生み出している

では日常に目を向けてみよう
様々ものが見えるし聞こえてくる
だがそれらも「内容」だ
あなたは内容を観ている
それはあなたが創り出したもの

つまりあなたの印象を超えることは出来ない
世界の真実はマインドにより覆い隠されてしまう

では内容を作らず捉えるにはどうすればよいか
それは肉体で感じることだ

身体で物を見てみなさい
身体で音を聞いてみなさい

実のところ「目」は何も見ていない
耳も何も聞いていない
すべてはあなたの身体の中心が察知している

だから目で見えるものを疑ってみると
その奥にあるものを感じ取れるようになる
その時、あなたは身体で見ている
身体の中心で感じている

なぜ身体の中心で感じられるのか
それはそのすべてが
あなたの中にあるからだよ
意識という本に
あるがままの記号が並び
あなたは内容を与える
意識の中ですべては想起する

本の文字を変えるのじゃなく
内容を捨てるのだ

「あめ」は「飴」じゃない
「しあわせ」は「幸せ」じゃない

「しあわせ」と読んで
ポワっとした気分になってはならない

ポワッとした気分になれるのは
「しあわせ」だからじゃない
あなたがその言葉を引き金にしたと錯覚しているだけで
最初から持っているものだ

だから「ふこう」でも「びょうき」でも
それらは何でもない
だからネガティブな何かなど
ありもしないデッチあげだ

身体の中心で感じなさい
いつも何かに包まれていたことに気が付くだろう
その充満性を知るとき
呼吸は呼吸でなくなり
すべての動作が独立したものでないことがわかる

あなたは世界とひとつになる
解釈が世界からの分断を生んでいたのだ
もう不幸にはならない
なれなくなる

 


Notes , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. FireBall より:

    こんばんわ
    涅槃の書の内容が理解できないなぁって思うことが多々ありました
    ではなぜ「理解できない」ということがあるのかを考えてみました
    理解できないも理解できるもおんなじことなんじゃないかという考えが浮かんだ時、今ここで全てを可能にしている何かを感じました
    そこでその何かに完璧に包まれているかんじ
    そこからは絶対に出られることがないようなかんじでした
    私がここでこのコメントをしていることも、コメントしようと思ったことも、その何かについて分かっているとか分かっていないとかその全てが、その何かによって成されているという感覚です
    私はこの世界で遊ばされているだけなのかな?とも思いました
    日々気づきに繋がる手記をありがとうございます。
    何かの中で少しずつ思い出していきたいと思います。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->