「何も知らない」という生き方をすると生が鮮烈になる

「知らない」という生き方をするとき
あなたは最高の人生となる

言葉も文化も違う異国に旅したと
イメージしてみなさい
そこにはシガラミもなければ
あなたが他者を通じて悲観する要素も
まだ育っていない
あなたは外国人だから
恥が許されることを理解している
だから積極的な行動を起こす
日本ならば世間体やプライドなどから
できなかったことができるようになる
つまり異国ではあなたは何も知らないから
自由なのだ
良い、悪いの価値観もなく
ただ漠然とした世界にあなたは在る
すべてが新鮮で鮮烈
毎日、そして一瞬一瞬が冒険だ
あなたは輝いている
何をしても楽しい

だがそれもつかの間、
定住期間が延びるにつれ
その国でのアイデンティティが育っていく
「これやると私が変なやつだと思われる」
「どうせならこっちの方が良い」

つまり異国に到着したときのあなたには
「過去」がないのだ
だが定住することで「過去」ができる
経験から「これは前に笑われたからやめよう」とか
そんな感じで過去を基にした行動を取るようになる
で、過去があるものだから
過去を基準とした予測、つまり未来ができあがる
もうあなたの頭の中は「過去と未来」ばかりだ
決して「いまここ」にはいない

もうわかるね
あなたは別に異国の旅を続ける必要はない
いまそこで「知らない」生き方をすればいいのだ
つまり過去との決別である

自分探しと称してバックパッカーを続ける人がいるが
鮮烈な生を感じるのは最初だけだ
だから様々な国を転々とする
国を求める生き方になってしまうのだ
求めるとは、苦である
限界に価値を見出している

「私は何も知らない」
いまからそのように始めてみなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. より:

    なんかわかる気がする。バックパッカーをしたことはないが、何度か転職を経験しました。好きで転職した訳ではないですが、新しい職についた数ヵ月間は全てが新鮮で、大変であるがどこか楽しい。
    要するにバックパッカーとして異国を旅する若者と同じようなことをしている。
    その期間はぶっ飛んだ行動が取れるし、失敗も許される。しかし次第に失敗は許されなくなり、自己イメージが確立してくる。
    ああ、もう他の国にいきたいとなる。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>鯤さん
      日本で暮らしながら「何も知らない」と生きるとき
      あなたは解放される

      何から解放されるかといえば
      自分自身からだ

      あなたが男性ならば
      目の前に好みの女性が通るとき
      ただ単純に声をかけるだろう

      だけども日本で暮らすあなたはそれをしない
      しないというよりも「できない」

      なぜできないのか
      それはアイデンティティというくだらないものに
      掴まれているからだ

      何でもしたいようにしたらいいのに
      あなたはモラルに囚われる

      自分はそういう人間じゃない
      そういうことをするのは大人じゃない
      それをして失敗したらどうする
      嫌な思いはしたくない

      あなたが海外旅行にいくとき
      それらは解放される
      恥が許されるからだ

      あなたは海外では異邦人
      その意識がある

      でもそれはその前提の中での自由性のこと

      だから日本で解放されなさい
      日常の中で解放されなさい
      犬のように気に入った人には尻尾を振りなさい
      ただ単純にシンプルに
      その通りに
      ただ生きるのだよ

      それが「悟り」だ

コメント・質疑応答

  関連記事