死にぴたりと背中をくっつけて

迷ったときや決心するとき
それが愛に基づいた選択であれば
かならず幸せへとつながる

これは時代や文明を超えて
人間の歴史のあらゆる場所で
語られてきたことだ

だが愛に基づくとはどういうことだろう?

それはたとえば
己がいずれ死にゆく存在であると
深く自覚することによってわかる

見てきたものも
触ったあの感じも

退屈でたまらなかった毎日も
素晴らしかったあの夜の出来事も

そしていまこのように
思い馳せている自分さえも

なにもなくなる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->