このままでいいんだよ

いま、あなたがどれだけ
憂鬱に感じていようが
退屈だろうが
不安に襲われて苦しかろうが

この言葉を使いなさい
唱えるとか信じ込むとか
そういうのじゃなく
「使う」のだよ

「ああ、このままでいいんだ」
「うん、このままでいいよね」

何もしていなくても
あなたはそのままでいい
それがすべてだ
最高なのだよ

そして先のことなど一切考えない
計画なんてどうでもいい
とにかく、たった今だ
もうそれでいいんだよ

何もやる気が起こらなくて
でもやらなきゃいけないことがあって
ソワソワしているなら
「その状態」を体験しているのだ
何もしていないことなどありえない
あなたは「何もしていない、だけど何かしないと」
ということを体験している

だから常に体験、世界がある
それは完全であり完璧であり
あなたの本性が生み出した至福であり
超絶に最高峰の体験なのだ
あなたは常に絶頂体験をしている

やる気が起こらなくて
不安でソワソワして憂鬱という
超絶な絶頂を至福のままに生み出し
あなたはそれをプレイしているのだ

たとえそれがどん底に見えるなら
そのどん底を楽しみなさい

「〜だけど何かしないと」の方に
あなたは目が行きがちになるだろう
それは体験に同化している
そうじゃなく
「何もしていない、だけど何かしないと」
それでワンセットだ
それがひとつのタイトルだ
そういう映画、シーンが放映されている
ただ眺めて楽しむだけだ

何もしていない絶頂から
何か行動を起す絶頂もある
そしてまた憂鬱や不安という絶頂
何でもいい
何かの体験が必ず起こっている

あなたの個人的な心の動きを含め
起こる出来事をよく眺めなさい
眺めるときに楽しむことができる

何もかも
どんな状態も
すべてがエクスタシーだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. あき より:

    自分さんいつもありがとうございます。
    今の私は、この手記にとても惹かれます。
    計画を立てる必要がない
    立てたとしても、そこには今しか見れない
    言葉にすると当たり前のことですが
    先の事は絶対にわからないんですね(笑)
    不安も今あるし

    • 自分 -涅槃- より:

      あきさん

      この手記が合うのだろう
      それがあなたの特質だということだよ
      なんでもそうだが自分に合っている道を進めば
      あなたはもっと気楽になれる
      常に「主体」に聞いてみることだ

      本書は非常に多くの人が読んでいる
      そして人々の質も幅広い
      だからあらゆる表現を使うようにしている
      だが、伝えていることはひとつだ

      それは、何がどう起ころうが
      ずっと守られているということ

      だから安心していい
      ゆっくり好きなように暮らしなさい

      人も出来事も
      全部あなたが用意しているのだ

  2. あき より:

    途中で送信してしまいました。

    不安もただの感覚ですよね。
    ただ、想像する最悪の事態が起きた時、あの時「なにもしなかったからだ」と、原因を結びつけるのだと思います。
    質問がなくなってしまいましたすいません。
    その時も今にいればいいんですね。

    • 自分 -涅槃- より:

      あきさん

      そう、不安も贈り物のひとつだ
      「なにもしなかった」ということが
      いまのリアルだ
      「何かをしている」ことは決してなかった

      いま起こっているすべてが
      絶妙なタイミングと関わりで
      表現されているのだよ

      ひとつ教えておくよ

      あなたは何かしなければならないと
      そういう思いに駆られている

      だが
      何かをやるべき時がきたら
      自然とそうなっているのだよ
      だからそれまで待っていればいい

      知っている人は
      ただ待っている

      ずっと待っている

      自分の動きすら
      世界の動きなのだよ

コメント・質疑応答

  関連記事