「なんだ、夢だったのか」

眠りから目を覚ましたとき
みていた夢を覚えていたりするね

さっきまで信じこんでいた世界、
つまりなんらかの用事に追われて
いろんな人とのやりとりがあった世界が
「なんだ夢だったのか」と
いまの自分にはわかっている

もちろん夢のなかにいた自分は
それが夢だなんて思わなかった

だから目を覚ましたときにようやく
夢をみていたのだと知り

ゆえにいま自分は
夢をみているのではないことに
気づいているわけだ

だけどもこれはパラドクスだね

なぜなら夢をみているときの自分は
目覚めていると思ってるのだから

 

すべては終わってから完成する

さてこの話からみえてくる”問題点”とは

つまりいまあなたが夢をみていること
一体どうやって気づけるのかということだ

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

何のために生きているのか
遊んで暮らせるようになりたい
己が存在すれば世界は幻想となる
みんなとひとつになる
誰もいない
「理解できない」というところに鍵がある
失敗はすばらしい
苦しい自分をやめたい
-->