威圧感のある相手

威圧感のある人がいるだろう
その人が良かれ悪かれね

会社の上司や顧客
友人やらママ友
通りすがりの知らぬ人かもしれない

あなたはそうした人々に圧倒される
強大なパワーに
自分はねじ伏せられていると感じる

そして思うわけだ

いつもやられてばかりじゃ
身がもたない

自分も存在感を与えられるぐらいに
ならないといけないとね

だがそれは大きな間違いだ
もしその通りにやると
あなたはますます弱っていくだろう

 

1.

この世の原則は不増不減
そして諸行無常にある

これは全体のエネルギーは増えも減りもしないが
常に変化し続けるということにある

変化というのは人間的な観点でいう
生から死へ向かうということ
「有」から「無」へ向かうということだ

無になっても
エネルギーの総量は変わらない
ただ無に変化してしまうと
それはどうにも活用できなくなるだけだ

このように考えるといい

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

すぐに幸せになる
これからの時代を生きていく準備(4)
目から光を放つ瞑想
人生の罠を回避する
盲目性を突破する
無職という真の仕事に就く
社会で生きていくために(3)
魔法のパズルでワンネスを観る