空白のパズル

人は完全さを求める
なぜなら生そのものが不完全であるからだ

完全さとは「納得する」ということにある

誰もが納得したい
そこには不完全の隙間がない

寸分の狂いもない整合感
論理
くっきりした色彩

いろいろあるけども
その完全さの正体とは何か?

それは死のことだ

つまり誰もが求める「納得」とは
そこにあるものが
さっぱりと消えた「無」のことをいう

片付いた部屋の究極とは
何もないことを意味する
壁も床もなく
つまり部屋すらない

ミニマリストは己を消滅させることで
その欲求は完成されるといえる

 

1.

無個性でクリアな様子が
「完全」であるということだ
それは無(=死)を指している

私たちはいずれ死を迎える
つまり全体と統合する

だが生きている現在でさえも
そこへ向かおうとする肉体の欲動が
「完全さ」を求めるのだ
タナトスというやつだね

では私たちは日常生活のなかで
どれほどに死を求めているだろうか

たとえば仕事や人間関係などに問題をみて
それを解決したいという欲求が働く

だがその「こうなってほしい」というのは
「問題の解決」なんかではない

完全な消滅を求めているのだ

つまり問題が消えるということは
物事から問題が消えることではなく
物事自体が問題そのものであり
それ自体が消え去るということだ

つまりあなたが誰かのことで思い悩み
それを解決したいというとき
その人の消滅を願っているのだよ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ひとつの光 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

ある一匹の猿
悩んでもなにも出てこない
いつも危険でありなさい
人生から「失敗」が消える法
世界はあなたのなかにある
意識と無意識(前編)
偽りの自分を崩壊させる
空っぽの人生を歩まないために