慌てることをやめる

何かが起こるときは起こる
そういうものだ
だから慌てることはない

物事の起こりをみてから
それについて対応すればいい

ゆっくりでいいのだよ

もっといえば
本腰いれて対応しようとしなくとも
すべては勝手に収束していく

つまりあなたがその物事を
どのように捉えていようとも
その時々に応じて
必要な行動は取られているのだ

慌てるから大きな問題に
見えているだけで
つまり慌てるだけ無駄なのだよ

その精神エネルギーを
もっと前向きなことに投入しよう
人生を質あるものにするために

 

1.

さてここで理解しておくべきなのは
起こりは起こるといっても
それは「運命論ではない」ということだ

だが起こるものは起こる
より良い人生を歩むには
この矛盾を解消しておく必要がある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事