相手の否定に傷つかないには

「君の代わりはいくらでもいる」
仕事関係や仲間内などでそう言われて
傷ついた経験があるかもしれない

自分という存在が
否定された気分になったからだね

だがこれもまた
どのように世界をみているかで
その受け取りが変わってくるんだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

カタチの世界が崩れ去るとき
2つの大通り、どちらを歩もうか
すべてはただそこに起こるだけ
問題は気づきのために起こる
願いの叶え方
自己を破壊して自在なる力を手にいれる
言葉と笑顔
あなたが生まれながらに持っているもの